GJのキレイゴト

キレイゴトだってかまわない。理想だからこそ追い求めたい。

GJのキレイゴト

モロッコ旅行⑦

スポンサードリンク

Bonjour à tous! :D

みなさんこんにちは!

ぷちゅうとです。

 

昨日あたりから、寮の部屋のネットが繋がりにくくなりました。原因不明です。ブログを更新するのも一苦労で困っております・・・。誰か助けて下さい(笑)

 

そんな訳でお待たせしました!今回の記事は"モロッコ旅行7日目"です。

 

(前回のモロッコ旅行の記事はこちら→モロッコ旅行⑥ - ぷちゅうとの自由気ままな小旅行

 

今日はシャウエンを離れ、モロッコ最大の都市であるカサブランカを経由して、再びマラケシュへと戻ります!

 

 

7時発カサブランカ行きのバスに乗るために、早朝6時20分頃にホテルを出発。ね、ねむい・・・。

 

昨日はバスターミナルからホテルまで頑張って歩いたのですが、この日は眠気からかパワーが出ず、妥協してタクシーでバスターミナルへ(運賃:1台20MAD)。

 

タクシーで向かったのでバスターミナルには早く到着し、早速バスチケットの控えとチケットを交換することに。

 

IMG_6203.jpgシャウエンのバスターミナル。CTMバスだけでなく民営のバス会社のオフィスも入っていました。

 

受付にはスタッフが1人しかおらず少し並びましたが、無事にチケットの交換と荷物料金の精算を終了。

 

早朝のバスでしたが、シャウエン発カサブランカ行きは1日にこの一本しか無いため、意外と乗車率は高めでした。(ちなみにこのバスは、モロッコの首都であるラバトを経由してカサブランカへ向かうため、ラバトを目指すお客さんも乗車しています。

 

IMG_6200.jpgシャウエン発のバスの時刻表

 

シャウエンからカサブランカまでは、途中でトイレ休憩を一回挟みつつ約6時間の車旅。

 

早朝の出発だったこともあり、バスの中では爆睡してしまいました。そのためあっという間にカサブランカへと到着(13時頃)!

 

バスの車内から既に見えてはいましたが、着いてすぐにその街の規模に驚きました。

 

近代的な大きなビルやトラム(路面電車)、道路の大きさと車の数、モロッコにこんな大きな街があるのかと圧倒されました。

 

カサブランカの人口は2015年段階でなんと約340万人日本の横浜市の人口が約370万人、大阪市が270万人、名古屋市が約230万人ですから、その規模が容易に想像できることと思います。

 

さすがにカサブランカにはジェラバを着ている人はいませんでした(笑)

 

昔、フランスの支配下にあったことからか、フランスの企業やフランス製の車も多く見受けられました。トラムに至っては、ボルドーにもトラムがあるのですが、そのまんまでした。

 

カサブランカにも幾つか見ておきたい観光スポットがあったのですが、電車の時間の関係で、今回は断念。

 

バスターミナルからまっすぐ、カサブランカの主要な鉄道駅であるカサブランカ・ボワイヤージュ駅へと向かいました。

 

※シャウエンからマラケシュまでは僕たちが利用したバスと同じCTMバスで直接向かうことが出来ます。僕たちはカサブランカを見てみたい、モロッコの鉄道を利用してみたいという好奇心から、あえてカサブランカを経由しました。)

 

IMG_0877.jpgカサブランカ・ボワイヤージュ駅

 

駅で鉄道のチケットを購入したあとは、駅の隣にあるカフェで昼食休憩。(カサブランカからマラケシュまでの一等車の運賃:180MAD

 

IMG_0878.jpg昼食のサンドイッチ。これでなんと25MAD。

 

鉄道の写真を興奮のあまり撮り忘れてしまいましたが、僕たちが乗った一等車は、ハリーポッターに出てくるホグワーツ鉄道の座席みたいな感じでした。(6人がけの個室が何個も並んでいる感じ。)

 

カサブランカからマラケシュまでは約3時間半の電車旅。ここでも再び寝てしまい、外の景色を見られず・・・。

 

マラケシュ到着直前に、同じ個室だったイギリス人のバックパッカー2人組と会話が弾み、一緒にトランプで遊びました。

 

そんなこんなで18時半頃マラケシュ駅に到着!この駅もかなり大きくて驚かされました。駅では日本人を何人か発見しました。

 

IMG_6208.jpgマラケシュ

 

IMG_0879.jpgマラケシュ駅(内部)

 

今夜の宿泊先のリヤドのスタッフの方に駅まで迎えにきてもらう約束を事前にしていたのですが、探してもどこにいるのか分からず、20分ほど駅で待機するハメに・・・。

 

その後、彼とは無事に合流することができて、リヤドまで送り届けてもらうことが出来ました。ここで改めて、メディナの道が複雑すぎて、自力&初見では絶対にリヤドに到達できないと実感することになりました。

 

P1182007.jpgメディナの路地(夜)

 

リヤドのオーナーもとても優しい方で、ミントティーやモロッコのお菓子などをご馳走になり、高いホスピタリティーに癒されました。

 

P1181958.jpg

 

IMG_6217.jpg部屋の中はこんな感じ。

 

IMG_6212.jpg

 

IMG_0881.jpg

 

リヤドに荷物を置いて少し休憩した後は、フナ広場観光に出発!リヤドから広場までは徒歩で15分くらいでした。

 

P1181973.jpg

 

20時半頃に広場に行ったのですが、ものすごい人の数でかなりの賑わいでした。モロッコに来てから一番アツい夜だったかもしれません。その分、お店の客引きも激しいものでした(笑)

 

P1181968.jpg

 

P1181974.jpg

 

IMG_6228.jpg

 

この広場では2011年に、外国人観光客を狙った爆弾テロが発生しており、若干の不安を抱えての観光だったのでしたが、終わってみれば、屋台(?)出店(?)で夕食を食べたり、お土産を探したりしてとても楽しいひと時を過ごすことができました。

 

P1181979.jpg

 

IMG_0883.jpg最終夜もタジン(笑)美味しいから仕方がない。

 

P1181991.jpg

 

フナ広場のお店はとにかく数が多いし、広い範囲にわたってお店が続いているのでたくさん歩いて疲れました(笑)

 

IMG_0882.jpg

 

P1181992.jpg

 

P1181994.jpg

 

リヤドに戻ってからは、屋上のテラスでしばし談笑。

 

IMG_6241.jpg

 

この日も他に宿泊している人がおらず、静かで安らかな夜になりました・・・。

 

悲しくも明日でモロッコとはお別れ。この日はモロッコでの思い出話に花が咲きました。

 

IMG_6225.jpg

 

それではまた明日。おやすみなさい・・・。

 

(モロッコ旅行⑧→モロッコ旅行⑧ - ぷちゅうとの自由気ままな小旅行

 

A bientôt! ;)