GJのキレイゴト

キレイゴトだってかまわない。理想だからこそ追い求めたい。

GJのキレイゴト

世界は愛で変えられる

スポンサードリンク

f:id:petityuto:20160419220023j:plain

 

Bonjour à tous! ;)

みなさんこんにちは!GJ(@UnPetitEsprit)です。

 

 

”若気の至り”を超えている

twicolle-plus.com

 

最近、巷ではこの話題で盛り上がっていると聞きました。

ある妊婦さんが電車の中で高校生からひどい仕打ちを受けたということが、妊婦さんの目線から綴られています。

いくらなんでもこれはひどい。 

みなさんはどう感じましたか?

 

日本人って愛情が足りないと思う

日本人ってよく外国人から「律儀でやさしいし気が遣えるよね」と言われることがありませんか?

僕もフランスではよく言われます。国民性のステレオタイプも確かにあるとは思いますが、それでも本当に日本人はやっぱり「やさしくて気が遣える国民なんだなぁ」と軽く考えていました。

ですが最近、フランスでの生活が長くなるにつれて「日本人って本当にやさしいのか?」と考えるようになってきました。

 

例えば電車内でご老人などに席を譲るのは当たり前のことです。この前なんかはすごいイケイケのお兄さんがおばあさんに席を譲っているのを見て何だか感動してしまいました。

道で転んでしまった人がいれば周りのみんなが駆けつけて「大丈夫ですか?」と声をかけ、女性やご老人が重たい荷物を持っていれば力ある若者が代わりに持ったりと、日本ではなかなかみられない光景がフランスでは日常の至る所で見られます。

 

そんな光景が当たり前に見られるフランスでまさかのフランス人に「日本人って優しいよね」なんて言われたものですから、日本人として「あれ、本当にそうなのかな」と違和感を覚えました。

それでいてフランス人はタバコの吸い殻は何の躊躇もなく道ばたにポイ捨てしますからもう何が何だか訳が分かりません(笑)

 

f:id:petityuto:20160327000824j:plain

 

日本人も「場の空気を大切に」ということで気を遣った言動を心がけますが、それは上に書いたような席を譲るとか他人を気遣うというような「思いやり」とは少し違う気がします。

相手を傷つけるようなダイレクトな言動は避けたり、集団の中で自分を目立たせるような言動は避けたり。これって「周りの人を、そして場を重んじましょう」という美学であると同時に「自分を厄介事から守る」ための隠れ蓑としての効果もバツグンなんです。

みなさんもそういった理由で自分自身の消極性をごまかしたことがありませんか?結局のところ、他人ではなくて自己本位の行動ともなり得るあたりが悲しいところです。

 

 

そしてこれを僕なりに考えた結果「日本人は確かに優しい。でも同時に他人への愛情が薄い。」という結論に達しました。

※ここでの「他人」には家族や親しい友達は含まれていません。

 

他人に対する関心が極端に薄く、「自分には関係ないから」「面倒なことはお断り」と割り切って、接することすら避ける日本人は他人への愛情が足りなさすぎるのではないでしょうか。

 

席を譲るという事例で考えてみましょう。

「きっと他の誰かが譲ってくれるはず」「周りにかっこつけていると思われたくない」「めんどくさい」「周りの誰も譲ってない」なんて理由を並べて、最終的には自分の判断で決めたことのはずなのに周りのせいにしてしまうこともしばしば。

 

これは、明らかに席を譲ってほしいであろう方への愛情に欠けた、自己本位的な行動であることは間違いないでしょう。(「年寄り扱いするな」とキレるモンスター老人は問題ではありますが。)

 

日本人は優しいと言われつつも国内ではそんな自己本位的な言動が当たり前のように見受けられるのは、日本人として悲しく、そして恥ずかしいことだと思います。 

2020年には東京オリンピックもありますから、その時には胸を張って「日本人は確かに優しい」と言えるような社会になっていてほしいと願っています。

 

ここでも結局のところ挨拶が大事

 

f:id:petityuto:20160327000555j:plain

 

以前「結局、挨拶って大事。」という記事を書きましたが、この問題に対しても挨拶ってかなり有効的な手段として使えます。

 

お時間があればこちらも是非⇩

petityutovoyage158.hatenablog.com

 

他人に対する関心が極端に低いことが原因で「思いやり」のある行動が取れないんだとすれば、他人に対する関心を上げれば良いんです。

そこで登場するのが”挨拶”です。

 

何気ない「こんにちは」や「ありがとう」であっても、そこには確かにコミュニケーションが生まれ、お互いがお互いを意識し合います。ここにお互いの関心が生まれ、細くなりとも人と人のつながりができます。

「私はあなたを意識してますよ」という意思表示でもある挨拶を活用することで、他人への関心、そして他人からの気遣いを意識することができるようになるのではないでしょうか。

 

フランスではお店に入るとき、レジでお会計をするときなどとにかく常に他人と挨拶を交わします。 

この挨拶のおかげで人と人の距離が近くなり、相手への関心も生まれ、結果として「優しい」言動につながっているのだと考えました。

 

最後に

なんて考えながら書いていたらつい長くなってしまいました。

みなさんは「日本人て優しいよね」という質問をされたら何と答えますか?良ければ教えて下さい! 

 

A bientôt! :D