GJのキレイゴト

キレイゴトだってかまわない。理想だからこそ追い求めたい。

GJのキレイゴト

大学生は今すぐブログを始めよう!そう考える2つの理由を伝えたい。

スポンサードリンク

f:id:petityuto:20160513083226j:plain

Bonjour à tous! ;)

みなさん、こんにちは!

駆け出しブロガーのぷちゅうとです。

 

ブログに力を入れ始めて早くも1ヶ月以上経ってしまいました。

最近は記事を書くのが楽しくて仕方がありません。

パソコンに向かうと、書きたいことが止めどなく出てきてついつい文章が長くなってしまいます。

 

今回は「大学生は今すぐブログを始めよう!」と題して、ブログ中心の生活を続けてきたぼくが気がついたブログの魅力についてお話ししていこうと思います。

 

 

大学生は今すぐブログを始めよう!

f:id:petityuto:20160513083419j:plain

 

ぼくは3月の最終日あたりからブログに力を入れ始めたので、現時点で1ヶ月経ったことになります。

毎日記事を更新し続けようと心がけ、これまでに100個ほどの記事を書いてきました。

飽きもせずにそんな生活を続けられたのは、やはり「楽しいから」という言葉につきます。

しかし、それ以外にもブログを書くことで得られるメリットがたくさんあり、そのこともぼくがブログを書き続けてこられた大きな理由となっています。

 

そんな「ブログを始めるべき」理由については、多くのブロガーさんがそのことについて言及しているので、是非そちらも参照してみて下さい。

 

★学生ブロガーと言えばこの方!(今では学生ではありませんが・・・。)⇩

www.jimpei.net

 

★こちらも元学生ブロガーのテツヤマモトさんの記事。地元が同じ札幌ということで勝手に親近感を持っております(笑)⇩

www.yamamototetsu.com

 

今回、ぼくがみなさんに伝えたい「ブログを始めるべき理由」はたったの2つだけです。

Check it out !!

 

①自分の頭で考えるクセをつけられる

インターネットで世界が急速につながり、パソコンやスマホで大量の情報に簡単にアクセスできる現代において、自分に必要な情報の取捨選択、そして真実を見極める力というのは重要なスキルになっています。

「この情報はどのような意図で世に発信されているのだろうか」という視点をもって、情報と接すること、真実を見極めるために色々な面から情報を見てみることの重要性がますます高くなっています。

 

ブログを書くためにはそうした情報を自分の中にインプットしなければならないので、世の中を積極的に知ろうとするクセがつきます。

また、ブログを書くということは、そうした様々な情報を、自分の技術や知識、価値観を通じて世の中に発信していくということを意味しています。

どんな情報を発信するにしても、一度「自分」というフィルターを通過させるので、そこにはその人なりの考え・個性が現れます。

 

情報というものは、自分の中にインプットさせるだけでは完璧に整理されているとは言えません。

それを他人に、あるいは世の中に発信することで初めて見えてくることがあります。

発信する段階で、インプットされている情報をもう一度自分の中で整理することになるのですが、この段階で「自分」と向き合うことになります。

「自分はこの情報についてどのように考えているのだろう」「果たして自分は本当にこの情報を理解できているのだろうか」。

そうしたことを考えて初めて「情報を得た自分」というものが確立されることになります。

 

自分の頭で考えるということは、自分なりの結論を出すということであり、それは「自分を知ること」につながります。

常識に流されずに一度自分の頭で考えてみること、頭の中を整理して自分なりの結論を出していくこと。

これからはそのスキルが必須の時代がやってくるのです。

いや、もう既に来ていると言っていいと思います。

 

★こちらも合わせて読んでみて下さい⇩

www.petityuto158.com

 

②色々な生き方をしている人に出会える

自分自身がブログを書いていると、他のブロガーさんの記事を読んだり、あるいは他のブロガーさんと交流をもつことが多くなってきます。

そこでぼくが彼らに感じたことは「みんな、ひねくれてるなぁ〜(笑)」ということです。

 

彼らは社会では当然、当たり前、常識と思われていることに真正面から異を唱えます。

ブロガーってどうしてこんなにひねくれた人が多いんでしょう(笑)

そんな彼ら全員に一致していることがもうひとつあります。

それは楽しさ」を追求しているということです。

 

「楽しく」生きていこうとする姿勢を決して失わないので、彼らの生き方は今の世の中で「常識」とされていることからずれているように見えます。

それがぼくの「ひねくれている」という表現が意味するところです。

きっと色々な情報を手に入れて、それを自分なりに解釈し直し、時代に照らし合わせた結果、「楽しい」ことと「常識」が異なっていた、ただそれだけなのでしょう。

それが「ひねくれている」ように見えるだけのことなのです。

時代は絶えず変化していますから、「常識」もまた変化していかなければなりません。

「楽しさ」を追い求めているぼくも、周りからは「ひねくれているおバカ野郎」と思われいるに違いありません。

 

「楽しさ」というのは一人ひとり感じ方が違いますから、それを追い求める人生の形も一人ひとり違います。

ブログを書いていると、そんな色々な形の人生と触れることができて、ぼくにとっては大きな刺激となっていると言う他ありません。

「みんなが歩んでいるレールを外れると、こんなにも道は広がっているのか」とか「世界はこんなにも広かったんだなぁ」と思い知らされ、時には「もっと早く知っていれば・・・」とショックに思うことすらあるくらいです・・・。

そんな大きな刺激がぼくの人生における目標であったり、生きるモチベーションになっています。

なんたって、ぼくも「楽しく」生きていきたいですからね!

 

おおげさに聞こえるかもしれませんが、あなたもブログを始めればきっと今のぼくの言葉が理解できるようになるはずです!

「どうせ生きているからには『楽しく』生きていきたい。」

そんなことを考えているたくさんの人たちと出会える場のひとつが、まさしくこの”ブログの世界”だと思っています。

あなたも今すぐこの刺激に満ちあふれた世界に飛び込んでみてはいかがでしょうか。

 

最後に

f:id:petityuto:20160513084330j:plain

 

いかがだったでしょうか。

ここでは主に2つの理由から大学生がブログを始めるべきということを述べてきました。

ですが、この2つの理由に共通する重要な考え方が1つあります。

 

それは「常識を疑う」ということです。

インターネットの発展・普及によってもたらされた急速なグローバル化は、世界の”常識”をものすごいスピードで変え続けています。

ぼくが中学生のころは、スマホを持っている人なんて周りにはいませんでした。

「昨日の当たり前」は「今日の当たり前」ではなくなっているのです。

変化をおそれ安定を好む周りの声に負けて過去の常識にとらわれてしまっていては、時代を正しく見ることができません。

と言うよりも、今やその”安定”さえも崩れつつあるのです。彼らはそのことにさえ気がつけていません。

そして時代を正しく見つめ直すことは、自分の人生をより豊かなものに変えてくれます。

自明の領域を狭めること、「常識を疑う力」は激動の今を生きるぼくたちに必須のスキルなのです。

「常識」からずれていても何ら恥じることはありません!

バカやろう!(日清のCMより。いい言葉です。)

 

この記事を読んで「よし、わたしもブログを始めよう!」と思い立つ人が出てくれば、それはとても嬉しいことです。

さぁ、大学生は今すぐブログを始めよう!

 

A bientôt! :D

 

★こんな記事も書いています⇩