GJのキレイゴト

キレイゴトだってかまわない。理想だからこそ追い求めたい。

GJのキレイゴト

現代人の心に突き刺さる喜劇王チャップリンの名言20選

スポンサードリンク

f:id:petityuto:20160409080632j:plain

Bonjour à tous!;)

みなさんこんにちは!

笑いのセンスはわりと低めのぷちゅうとです。

突然ですが、みなさんはこのCMを覚えていますか?ぼくは初めてこれを観たとき鳥肌が立ったことを今でもよく覚えています。

当時はBGMを必死になって探したんですけど、このCMオリジナルということを知り断念しました。懐かしい思い出です。

これはあのチャップリンの『独裁者』という映画の1シーンから言葉を使っているのですが、とても心に響きますよね!


DODA CM 綾野剛「チャップリン」45秒

 

★こんな記事も書いています⇩

www.petityuto158.com

www.petityuto158.com

 

喜劇王チャップリン

愛と社会風刺の王様

チャップリンと言えば現代を生きる人でもご存知の、そう”喜劇王”ことチャールズ・チャップリンです。

 

チャールズ・チャップリン(Charles Spencer Chaplin)1889年4月16日 ~1977年12月25日
イギリスの映画俳優、映画監督、コメディアン、脚本家、映画プロデューサー、作曲家。
チャーリー・チャップリンとも呼ばれる。愛称はチャーリー(Charlie)、フランスではシャルロ(Charlot)。

チャールズ・チャップリン - Wikipedia

 

彼はよくバスター・キートンハロルド・ロイドと並び「世界三大喜劇王」と呼ばれますが、実は彼は「愛と社会風刺の王様」でもあります。

 

窮屈な上着とダボダボのズボン、口元の黒ひげ、山高帽と竹のステッキにドタ靴というチャップリン・スタイルで世界に笑いと涙を届けてくれた喜劇王は、大きな愛と社会への怒りもまた、わたしたちの心に届けてくれていたのです。

 

今日はそんな「愛と社会風刺の王様」チャップリンの、現代人に突き刺さる名言をぼくなりにチョイスしてお届けしていきたいと思います!

 

現代人の心に突き刺さるチャップリンの名言20選!

 

  1.   人生はクローズアップで見れば悲劇。ロングショットで見れば喜劇。
    (目の前の困難も人生という長い道程のほんの一部分にすぎません。そんなに悲観的にならなくても大丈夫。)

  2. 行動を伴わない想像力は、何の意味ももたない。
    (頭で考えるだけであれば誰でもできます。大事なのはそれを実行できるかどうか。)

  3. なぜ闘わないんだ、死と同じように、生も逃げられないんだ。それが人生だ。
    (生きることは死ぬこと。死ぬことが避けられないのならば、生きることもまた避けられません。)

  4. 何のために意味なんか求めるんだ?人生は願望だ、意味じゃない。
    (人生の主人公は自分自身です。他人の承認を求めてばかりでは自分の人生は生きられません。あなたが本当にやりたいことは何ですか?)

  5. 1人を殺せば殺人者だが、100万人を殺せば英雄だ。殺人は数によって神聖化させられる。
    (目の前の1人に引き金を引けないのに、大空から何百もの爆弾を市街地に落とすことはできる。人の意識次第で命の尊厳は簡単に失われてしまいます。)

  6. 人生は恐れなければ、とても素晴らしいものだ。人生に必要なものは、勇気と想像力。それとほんの少しのお金だ。
    (他人の目を気にせず自分の人生を生きられるか。一歩踏み出す勇気が必要です。)

  7. 無駄な1日。それは笑いのない日である。
    (喜劇王らしい言葉。昨日あなたは笑いましたか?笑顔で人は元気になれる。今日も笑顔でいきましょう!)

  8. 人に大切なのは、自信を持つことだ。私が孤児院にいたとき、腹をすかせて街をうろついて食い物をあさっていたときでも、自分は世界一の大役者のぐらいのつもりでいた。つまり勝ち気だったのだ。こいつをなくしてしまったら、人は打ち負かされてしまう。
    (自分の人生に他人は関係ありません。たとえ間違っていたとしても、その時にやり直せばいいんです。「大バカもの」そう言われたって良いじゃないですか!)

  9. 下を向いていたら、虹を見つけることはできないよ。
    (前を向いて胸を張って自信をもっていきましょう!目の前の世界はこんなにも大きいんです。)

  10. 必要なのは知識でなく思いやりである。思いやりがなければ残るのは暴力だけである。心に愛を知らぬものだけが憎しみ合うのだ。人生はもっと美しく、もっと素晴らしいはずだ。
    (思いやりをもって人に接する。誰かのために何かを我慢する。それこそが愛です。世界は愛で変えられます。)

  11. 私の苦痛が、誰かが笑うきっかけになるかもしれない。しかし、私の笑いが、誰かの苦痛のきっかけになることだけは絶対にあってはならない。
    (最大多数の幸福よりも全体の小さな幸せ。それが思いやりではありませんか?)

  12. 私たちは皆、互いに助け合いたいと思っている。人間とはそういうものだ。相手の不幸ではなく、お互いの幸福によって生きたいのだ。
    (人間は他人との関係なしには生きていけません。きっと誰もが心の底ではみんなの幸せを願っているはず。あとはそれを思いやりをもって表に出せばいいだけです。)

  13. あなたが本当に笑うためには、あなたの痛みをとって、それで遊べるようにならなければならない。
    (自分にウソをついて無理して笑っていませんか?人生のあらゆる瞬間を楽しむことができれば、きっと心の底から笑えてくるはず。)

  14. 私は祖国を愛している。しかし、祖国に愛せと言われたら、私は遠慮なく祖国から出ていく。
    (愛とは自分の心の内から湧いてくるものです。他人に強要されて芽生えるものではありません。身の周りの人を愛せていますか?)

  15. いいかい、もし、良いと思ったら、どうやろうかなどと決して心配するな。つまり直感だよ。
    (時には、自分の直感に物事を委ねてみるのも悪くないかもしれませんよ。)

  16. 希望がなければ、瞬間を生きればよい。素晴らしい瞬間だってあるのだから。
    (希望がなくても人は生きていける。友達との楽しい会話、おいしい食事、ひと時の休息。それを楽しむ人生だって素晴らしい。)

  17.  このひどい世の中、永遠のものなんてないのさ。我々のトラブルさえね。
    (諸行無常の世の中、良いことも悪いこともいつかは終わります。自分自身を何度も更新していくことで、人生はより豊かなものになるはずです。)

  18. 失敗は重要ではない。自分自身を馬鹿にするのはなかなか勇気がいる。
    (「成功の反対は失敗ではない。挑戦を恐れて何もしないことだ。」自分の失敗を認めて、先へ先へと進みましょう!)

  19. 私が想像できる最も悲しいことは、贅沢に慣れてしまうことだ。
    (あの頃の志を忘れて地位や欲に目がくらみ、自分自身を失っていませんか?真の幸せは決してお金なんかでは買えないのです。)

  20. 思考だけあって感情がなければ、人間性は失われてしまう。
    (客観性はもちろん大事です。しかし当事者の立場に立って主観的に考えなければならない場合もあります。愛をもって接しなければなりません。)

 

歴史上最高のスピーチ

チャップリンが映画『独裁者』のラストで行ったスピーチは、チャップリン自身が考えて構成したと言われています。

 

またこのスピーチは歴史上最も感動的なスピーチとも言われていて、聞いた人の心を大きく揺さぶることは間違いありません。

 

現代を生きるわたしたちが忘れかけているものを思い出させてくれるような、そんなスピーチです!是非とも感動して下さい!

 

www.youtube.com

 

最後に

 いかがだったでしょうか。19世紀から20世紀を生きた彼の言葉は、21世紀の今を生きるわたしたちの心にも大きく響きます。

 

それだけ社会というものが、いや社会を生きるわたしたち人間が変化していないということなのかもしれません。

 

 

 

A bientôt! :D

 

★お時間のある方はこちらもどうぞ⇩

www.petityuto158.com

www.petityuto158.com