GJのキレイゴト

キレイゴトだってかまわない。理想だからこそ追い求めたい。

GJのキレイゴト

朝にこれをするだけで1日を損する、朝にしてはいけない行動【メンタリストDaiGo】

スポンサードリンク

f:id:petityuto:20180930182623j:plain

 

Bonjour à tous! ;)

こんにちは!GJ(@UnPetitEspritLi)です。

 

なにげなくYouTubeを開いたら。

おすすめ動画におもしろそうなタイトルの動画を見つけました。 

 

メンタリストDaiGoさんの『頭が激烈に悪くなる朝のやりがちな行動が判明』という動画。

DaiGoさんの動画は音声が中心なので、ながらで聴けるのが嬉しいポイント。 」

 

今回の動画では、頭を悪くしないために朝にやってはいけない行動が紹介されていました。

それがズバリ「朝にネガティブな予想をすること」

 

ストレスを予測するだけで頭が悪くなる 

ペンシルバニア州立大学の研究で「ストレスで頭が悪くなる」ことが分かったらしい。

”頭が悪くなる”の主な例は以下の通りです(勝負事に弱くなったり、仕事や勉強の成果が上がらなくなるなど)。

決断力が下がる→物事をダラダラと先延ばしてしまう

集中力・注意力が下がる→普段はミスをしないような場面でミスをしてしまう

記憶力が下がる→覚えるべきことを覚えられなくなってしまう

欲望に弱くなる→普段は負けないような場面で負けてしまう、ズルをしやすくなってしまう

 

しかもこれは「ストレスがかかっている状態」だけではなく、「ストレスへの予測」でも同じように脳に悪影響があるんだとか。

つまり

「今日はやばい1日になりそう……」

「今日もつらそう……」

と朝に予測しただけで、決断力や注意力・記憶力などが下がってしまいます。

 

なので、朝起きたときには

「今日しんどそうだな……」

「今日はつらそうだな……」

「今日もストレスやばそうだな……」

と考えてはいけないんですね。それだけで脳機能が低下し1日を損してしまうからです。

 

人間はいろいろな場面で予測を立てて生きていく生き物なので、

「明日彼氏に会える」

「明日おいしいご飯を食べにいく」

のようなポジティブな未来が分かっていれば、実際に楽しいのは明日のはずなのに、今の気分もポジティブに変化します。

なので、それがポジティブだけではなくネガティブな方向にも働くよという実験結果になったらしい。

 

ストレスフルな状態や、ストレスがかかりそうなことが実際に起きるかどうかは関係なく、「それが起きそうだな」と予測するだけで脳機能は低下してしまう

だから大切なのは、朝起きたときに「今日1日はどうなりそうなのか」をポジティブに予想すること

ストレスが避けられないときは、”楽しみ”を用意しておく

f:id:petityuto:20180930182943j:plain

 

ストレスがかかりそうな時は、そのストレスを乗り越えたらどんな良い気分になれるのかを考えるといいみたいです。

 

DaiGoさんは、ストレスを乗り越えたら自分が欲しいものを買っていい・食べたいものを食べていいと決めているんだとか。

苦しみの先に楽しみを用意して、楽しい予測が立てられる状態にしておくのも良い方法なんですね。

 

つまり、朝のネガティブな予測を軽減するためには

ストレスを乗り越えて成長する予測を立てる

ストレスの後に良いことがあると予測を立てる(ご褒美を用意しておく)

 

 

というわけで、1日を損しないために朝にしてはいけない行動というのは、「朝にネガティブな予想をすること」でした。

ストレスがかかりそうな行動が必要なときは、その後の自分の成長を予想するか、ご褒美を用意してポジティブな気分を保てるようにしていくのが大切です。

 

ポジティブな人って、それだけでもうお得なんですね……!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

A bientôt! :D