GJのキレイゴト

キレイゴトだってかまわない。理想だからこそ追い求めたい。

GJのキレイゴト

ストラスブールから電車で2時間!ストラスブールまで行ったら、ハイデルベルクに行かずには帰れない!

スポンサードリンク

f:id:petityuto:20160524052741j:plain


Bonjour à tous! ;)

みなさん、こんにちは!

ぷちゅうとです。

 

クリスマス市で超有名なフランスのストラスブール

訪れたことのある方も多いのではないでしょうか。

そんなストラスブールから、国境を越えてドイツへ電車で1時間半ほど行ったところに、ハイデルベルクという町があります。

みなさんはハイデルベルクという名前を知っていましたか?

 

先日、ヨーロッパのブログ仲間とハイデルベルクでオフ会をしてきました。

行くまでは名前も知らなかったハイデルベルク。

めちゃくちゃキレイでみなさんも行く価値ありありです!

ストラスブールまで行って引き返すなんてもったいない!

 

 

ハイデルベルクでオフ会をしてきました!

f:id:petityuto:20160524042908j:plain

 撮影:よしの@hatehatettt

 

みなさんはドイツにあるハイデルベルクという町を知っていますか?

フランスのストラスブールから電車で2時間ほど、ドイツのフランクフルトからだと電車で1時間ほどのところにある、人口14万人ほどの都市です。

この都市の町並みがなんとキレイなこと・・・。

ストラスブールまで行ったからには、是非ハイデルベルクまで足をのばしてみて下さい!

 

ハイデルベルクと言えば、ハイデルベルク城!

f:id:petityuto:20160524045817j:plain

撮影:ながよ@batteur24

 

ドイツで最も古い大学のあるハイデルベルクは、ぼくの予想以上に観光客であふれており、とてもにぎわっていました。

そんなハイデルベルクの見所とは・・・?

 

①ハイデルベルク城

ハイデルベルクと聞いて、まっ先に思い浮かぶのが、そうハイデルベルク城です!

f:id:petityuto:20160524044444j:plain

 

ハイデルベルクの象徴的な建造物であるこのお城は、旧市街地のどこからでも見ることができ、旧市街の風情あふれる景色を決定づけています。

山の中腹にそびえるハイデルベルク城は、いつ建造されたのかは不明ですが、1225年には既に建造されており、1689年にルイ14世の軍によって破壊されました。

 

ハイデルベルク城のまわりには自然がいっぱい。

f:id:petityuto:20160524045408j:plain

 

見事な建物の装飾に思わず息を呑みます・・・。

f:id:petityuto:20160524045338j:plain

 

山の中腹に建てられているので見晴らしも最高!

f:id:petityuto:20160524045640j:plain

 

ちなみにこのお城の中には「世界で一番大きなワイン樽」があります。

どれぐらい大きいのかというと・・・。

それは、実際に見るまでのお楽しみ!是非ご自身の目で確かめてみて下さいね!

 

②哲学の道

ゲーテも歩いたとか言われている「哲学の道」(「哲学者の道」とも)。

f:id:petityuto:20160524050635j:plain

 

日本の京都にあるそれとは違い、ハイキングコースのような道になっています。

川をわたってからは20分くらい坂道を登るので、意外とキツいかも・・・。

しかし登った先にはキレイな景色が広がっています!きっとあなたの疲れを癒してくれるはず・・・。

f:id:petityuto:20160524050849j:plain

 

③学生牢

学生牢とはその名の通り、学生を閉じ込めておくための牢屋です。

1712年から1914年までの約200年間、深夜に騒いだりとか、酒場でケンカしたりといった行儀の悪いヤンチャな大学生を処罰するために実際に使われていたそうです。

f:id:petityuto:20160524054320p:plain

http://blogs.yahoo.co.jp/whfsc363/66978997.html より)

 

この牢屋に入った学生は、記念に自分の影絵と名前を壁に残しました。

かぶっている帽子は所属していた学生クラブを表しているらしく、これが日本の学生帽のモデルになったとも言われています。

f:id:petityuto:20160524053930p:plain

http://blogs.yahoo.co.jp/whfsc363/66978997.html より)

 

ヤンチャな人はいろんな意味で注目を集め、なんでも当時の学生の間では、この牢屋に入る事が男にとってカッコいいとか名誉なことと考えれており、得るべきステータスのひとつになっていたんだとか。

いつの時代も、男の目立ちがりな部分は変わらないみたいですね・・・(笑)

 

ハイデルベルクでオフ会をしてきました!

f:id:petityuto:20160524041252j:plain

撮影:ながよ(@batteur24

 

日本から遠く離れたフランスで、まさかブログという共通の趣味(?)を通して日本人と出会うとは・・・。

そんなブログ仲間とハイデルベルクでオフ会をしてきました!

メンバーは、すみよしの手帖のよしのさん(@hatehatettt)、

ドイツ発 雨宮の迷走ニュースの雨宮さん(@amamiya9901)、

ながよえとせとらのながよさん(@batteur24)、そしてぼくの4人!

みんなそれぞれのブログを持っていて、内容もとてもおもしろいものばかりです!今すぐCheck it out!

 

とにかくこの日は暑かったです・・・。

半袖・短パンでも暑かった・・・。

f:id:petityuto:20160524042803j:plain

撮影:よしの@hatehatettt

 

ドイツと言えばソーセージ!ビールも忘れずに!

お腹いっぱいで大満足です!

もうこれだけで「ドイツ最高っ!」って思える。

f:id:petityuto:20160524042430j:plain

 

ひょんなことから出会って、もしかするとこの先の人生でもう二度と会わないかもしれないような、そんな方たちとこんなに楽しく1日を過ごせるとは・・・。

人見知りだった頃の自分が信じられません(笑)

 

共通の趣味(?)をもっているだけで、ここまで人の距離は縮まってしまうのだなぁと実感する1日になりました。

きっと、音楽のフェスとか、何かのファン同士の交流とかでも同じなんだろうなぁ。

もっともっと色々な人と交流してみたいとより強く思うようになった反面、オフ会のみなさんとの別れが悲しくもありました。

f:id:petityuto:20160524043940j:plain

 

みなさん、本当にありがとうございました!

また世界のどこかで会いましょうね!

 

ハイデルベルクへの所要時間

最後に、気になるハイデルベルクへの所要時間(アクセス)をまとめておきます!

フランスの場合
  • ストラスブールから電車で2時間ほど(途中カールスルーエ駅で乗り換えあり)
  • (ぼくはパリから、TGVで3時間ほどかけてマンハイムまで行きました)
ドイツの場合
  • フランクフルトから直通電車で約1時間ほど
  • マンハイムから直通電車で20分ほど

最後に

ドイツ在住のよしのさん@hatehatetttに「ドイツでオススメの都市はどこですか?」と聞いたら、「一番はハイデルベルクかなぁ」と答えるほど、魅力たっぷりのハイデルベルク。

ドイツの方がオススメする都市なら、もうこれは行くしかない!

 

最後に、フランスを観光してまわっている人たちにもう一度伝えたい。

ストラスブールで引き返すなんてもったいないぞ!

 

A bientôt! :D

 

★こんな記事も書いています⇩