GJのキレイゴト

キレイゴトだってかまわない。理想だからこそ追い求めたい。

GJのキレイゴト

【クラウドファンディング】青森県弘前市に学生を応援するリバ邸をつくりたい!!

スポンサードリンク

f:id:petityuto:20170317233124p:plain

 

Bonjour à tous! ;)

こんにちは!GJ(@UnPetitEspritLi)です。

実はいま、「学生のまち”ひろさきに、学生の「やりたい」を応援するリバ邸を作りたい!」というクラウドファンディングに挑戦しています。

 

※以前からぼくのブログを読んで下さっている方は「えっ!? 学生のバーじゃないの?」と思うかもしれません。期待を裏切ってすみません。”学生のバー”を断念したわけではないです。ただ、いまは声をかけてくれたメンバーと一緒にリバ邸プロジェクトに全力を注いでいます!

 

おかげさまで現時点で支援額は14万3,555円、支援者が24名集まっております(2017年3月17日23:00現在)。ありがとうございます。学生からも支援して頂けて感動に浸っております。

f:id:petityuto:20170317230851p:plain

クラウドファンディングのページはこちらから→”学生のまち”ひろさきに、学生の「やりたい」を応援するリバ邸を作りたい! - CAMPFIRE(キャンプファイヤー)

 

個々のメンバーの精一杯のリターン(支援者への返礼品)よりも、大した見返りのない【感謝のお手紙】というリターンに支援が集まっている現状にただただ感動しています。みなさん本当にありがとうございます。

f:id:petityuto:20170316223746p:plain

青森県の弘前市という、ひょっとすると生まれて初めて聞いたかもしれいな場所で、顔も名前も知らない大学生が取り組んでいるプロジェクトを応援して頂けたのです。

「あの人がやるのなら」「リバ邸を作るためなら」そういった気持ちで動いてもらえたんです。これに感動せずにいられるでしょうか。

しかし、「リバ邸」というモノ・概念は、ぼくたちの暮らす弘前ではまだまだ根付いておらず、その価値や重要性が認識されていません。【目標金額50万円】を達成するためにも、みなさんからのご支援がまだまだ必要です。今後ともぼくたちのプロジェクトをぜひともよろしくお願いいたします。

弘前をもっとおもしろい街にしよう!

 

クラウドファンディングのページはこちらから→”学生のまち”ひろさきに、学生の「やりたい」を応援するリバ邸を作りたい! - CAMPFIRE(キャンプファイヤー)

 

ちなみに「リバ邸って何?」という方のために。 

f:id:petityuto:20170317181735p:plain

(引用:「リバ邸総合サイト」http://liverty-house.com/

リバ邸とは、

①世の中の枠組みや空気に苦しくなった人たちが集まる居場所であり、そこで各自が何かしら独自のアウトプットを追求する場所。

②アウトプットの内容は自由で、ジャンルも規模も収益の有無も問われない。本当に自分のやりたいことを見つけ、それを形にしていく場所。

③各地のリバ邸は「現代の駆け込み寺」というコンセプトは共通しているが、地域や住民の特色に沿って、リバ邸ごとに多様な雰囲気・環境・ルールを持っている。

(引用:「リバ邸総合サイト」http://liverty-house.com/

つまり「アウトプットを通して、自分が自分らしく輝ける場所」。それがリバ邸です。

「リバ邸」という居場所を通して、住人が、地域の人が、全ての壁を越えて気軽に集まって“自分らしく”輝く、家と学校(職場)に続く「第三の居場所」です。

 

と、ここでこの記事が終わりそうな雰囲気ですが、ところがどっこいまだ終わりません。

 

クラウドファンディングを始めてしばらく経ちますが、その過程でいろいろなメッセージを頂きます。応援の声もあればネガティブなメッセージもあります。

その中にこんな声が。

「学生が自分らしくいると地域が変わるのか。」

ぼくらのクラウドファンディングの最終的なゴールが見えてこないというご指摘です。たしかに、ページを見てみると分かりにくい書き方だったかもしれません。失礼いたしました。

 

ぼくらの最終的なゴール、それはやはり「この学生シェアハウスが、学生だけでなく弘前の人たちみんなが自分らしくいられる、その小さなキッカケになること」です。

ぼくたちは「誰しもみんなが”自分”らしくいられる環境」を目指してこのプロジェクトをスタートさせました。

「自分らしくいる」というのは、「誰のおしつけでもない、社会から強制されたわけでもない、他でもなく自分自身の意思で人生を歩いていく」ことです。

「地域を変えたい」という目標ではなく、あくまでも「地域に住む人が変わるキッカケになりたい」という目標の下で動いています。誰かを「変える」のではなく、自発的に「変わる」環境づくりです。

それを小さくても整えることでゆくゆくは地域自体が変わっていくのかなと。前向きな人が多い地域とそうでない地域の情勢がまったく一緒というのは考えにくいですから。

 

極端な例を出しちゃうと、「黒人の奴隷を解放するべきだ!」という時代に「黒人を解放すると社会はいい方向に向かうのか。社会にとってどんな利益があるのか」という議論は重要視されていませんでした。最も重要視されていたのは「黒人にも1人の人間としての平等な”人権”が存在する」というものだったんです。

これをぼくたちのプロジェクトと照らし合わせて考えてほしいです(極端な例だということは重々承知しています)。

 

「学生がじぶんらしくいる必要なんてあるのか。無難な道を歩めればそれでいいだろ」

「地域が本当に変わるのか」

議論するべきはそこではないんですね。

周りの目や社会通念に怯えて暮らしている人たちがいる。”自分らしさの発揮”をガマンしながら生きている人たちがいる。

そうした人たちの力になりたい。少しでもいいから変わるキッカケになりたい。そうした気持ちで動いています。そんな信念があってこの「学生シェアハウス」に至りました。

 

なんだかんだ言ってきましたが、もうハッキリ言っちゃいますね。

ぼくたちもやってみないと分かりません。分からないことだらけです。でもぼくたちは動き始めました。

きっと「無計画だ」とか「無鉄砲だ」と思われるでしょう。でも人生なんでも”やったもん勝ち”なんです。

起業の難しさやノウハウが、起業を経験した人にしか分からないように、何事もやってみないと分からないんです。経験できないんです。学べないんです。だからこそぼくたちは動き始めています。

ただ意見にしても批判にしても、ぼくたちは常に門をオープンにしていますのでガンガンぶつけて頂いて構いません。心に響くもの、いいものがあれば積極的に取り入れていくつもりです。いいものには全力で対応します。

f:id:petityuto:20170317232734p:plain

 

周りの学生や大人たちを見ていると、イヤなことの原因を自分以外のモノ(他人・環境・運命 など)のせいにして、自分の気持ちをごまかしている人がとてもとても多いです。

「周りの目を気にして自分のやりたいことに踏み出せない」

「自分には得意なことなんてないから”無難”な道を歩くしかない」

そんなことを言いながらも捨てられない夢を抱えながら生きていく。”自分で選んだ”道なのに、いつのまにか周りのせいに。

周りの目や”社会”に縛られて自分らしさを発揮できていないんですね。

だからこそぼくたちはそういった学生を、社会人の内なる”自分”を開放するキッカケになりたい。キングコング西野さんを意識して言えば「”常識”の奴隷解放宣言」ですね(←全然うまくない)。

f:id:petityuto:20170317232709p:plain

 

「何かに挑戦するからには必ず成功しなければならない」

「世の中の全ての人から愛されなければならない」

「人から非難・拒否された自分はダメな人間である」

こんなことを無意識のうちに考えてしまってはいませんか?

全てにおいてパーフェクトな人間なんてそうそういません。気にしなくていいんです。

 

「成功すれば儲け物。失敗して当たり前。大切なのは失敗から学ぶこと」

「世の中の全ての人に愛される必要はない。目の前の1人と向き合うことが大切」

「何をしたって批判は受ける。気にしなくていい批判は受け流すくらいがちょうどいい」

このように、「〜でなければならない」ではなく「〜であるとなお良い」くらいに腹をくくることが大切なんです。周りの意見なんてどうやったって変えられませんし、避けられません。どうにかなる自分の意思を変えましょう。ここ「メゾデ」で。

 

リバ邸は「現代の駆け込み寺」です。

いつでもあなたのために門が開かれています。

たくさんの人と浅い関係を築くためにこの場所があるのではありません。

他の誰でもなくあなたと”深い”関係を築くためにぼくたちは、この場所は存在しています。

 

そしてこのクラウドファンディングを通して、このリバ邸をみなさんと一緒に作り上げたいです。みんなとこの場所を作り上げることで、初めて公共の場になるような気がします。何よりおもしろい場所は、自分たちだけでなくみんなで作り上げたいから。

 

ぼくたちは突き抜けます。最初は笑っていた周りのみんながうらやましがって惹かれるほどに。

代表のツシマさんがご覧の通りやる気に満ちあふれてますので!←

 

みなさんのお力をお貸し下さい!

よろしくお願いします!

 

▼ご支援はこちらから→”学生のまち”ひろさきに、学生の「やりたい」を応援するリバ邸を作りたい! - CAMPFIRE(キャンプファイヤー)

 

camp-fire.jp

 

A bientôt! :D