Good Job

「良いね。イイね。それいいね!」を共有するメディア

Good Job

ミニマリストでいるためのマイルール(1)

スポンサードリンク

Bonjour à tous! ;)

こんにちは!GJ(@UnPetitEspritLi)です。

 

フットワークを軽くして目の前のチャンスを逃さない。

そんな自分を実現するためにミニマリストをめざしています。

 

ぼくのミニマリストとしてのマイルール。

そのひとつが「消耗品の予備(ストック)は買い置きしない」というもの。

 

お店のセール時にまとめ買いする方も多いと思いますが、ぼくは基本的にはそういったタイミングで同じ消耗品を何個も買い置きすることはしません。必要になったら、その都度必要な分だけを購入しています。

 

シャンプーやハンドソープ・ティッシュなど、消耗品は毎日必ずさわりますので、「急に中身がなくなってどうしよう」となることは、ほとんどないです。なのでそもそも予備を用意しておく必要がありません。

安売り時にまとめて買っておくと、その場ではお得かもしれませんが、長期的に見るとそうでもないような印象。個人的には以下の2つの理由からストックの買い置きを避けています。

  1. ストックを保管するためのスペースが必要
  2. 次もその製品を使いたいとは限らない 

 

f:id:petityuto:20190716234114j:plain

 

モノを置くためだけにお金を払って場所を確保するのは本当に必要なのか。ぼくは必要ないと判断しています。モノを減らせば、それだけ必要なスペースも減っていきますのでその分の家賃であったり、貸し倉庫代であったり、そういったスペースにかかる支出を抑えることができます。

またストックは基本的には、戸棚の奥などの見えない場所に保管しておくことがほとんどだと思いますが、そうなるとありがちなのが「ストックの存在を忘れて同じ製品を買ってしまう」こと。使いきれないだけのモノを持っているくらいなら、本当に必要としている人の手に渡るほうが何倍もいいと思います。

関連記事:大学生は「スペースのムダ使いこそ最大のムダ金」を心得るべし

 

また、いまその製品を気に入っているからといって、使い切った後にその製品をまた使うとは限りません。使っている途中でもっとステキな製品を見つける可能性だってあるわけです。ストックがあると、新しいもっとステキな製品を使う機会を逃しかねませんし、使わずに捨てるようなことになればそれこそ本当にムダ。もったいなさすぎます。

 

「必要なモノは必要なだけ」

これがぼくのミニマリストとしてのルール⑴です。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

A bientôt! :D