GJのキレイゴト

キレイゴトだってかまわない。理想だからこそ追い求めたい。

GJのキレイゴト

「本当に自分に必要なもの」を考えたことない大学生なんているの?

スポンサードリンク

f:id:petityuto:20180511175841j:plain

 

Bonjour à tous! ;)

こんにちは!GJ(@UnPetitEspritLi)です。

社会にとび出ていく直前の大学生だからこそ必要なもの。

 

  1. 自分にとっての理想の生き方を知る
  2. その生き方に欠かすことのできない”必要最低限”を知る 

 

ぼくはこの2つだと思っています。

もちろん最終決定ではなくて”現段階”での最適解です。生きていれば価値観なんてコロコロ変わります。なので、常にその時の最高を目指していければいいのかなと。

これを決めることは、自分の人生の軸・基準を決めることと同じこと。なので、この先進路や立ち振る舞いに悩む機会があれば、ぜひこの2つを思い出して、それをもとに選択肢をチョイスしてみてください。

きっと、後悔するような選択にはならないはずです。

 

①自分にとっての理想の生き方を知る

「理想の生き方」と聞いて何を思い浮かべますか?

  • 週に2日は休みたい
  • 親子3人で暮らしたい
  • 旅をしながら生きてみたい

将来はこんなふうに生きていきたいなというイメージを固めることが大切です。具体的でなくても構いません。「手段と目的」の「目的」を考えてみましょう。

 

例えば、ぼくはこんなふうに考えてみました。

  • スーツを着たくない
  • 満員電車に乗りたくない
  • 旅をしながら暮らしたい
  • 複数の拠点がほしい
  • 部屋は寝られればいい
  • 常に何かに挑戦していたい

こうやって考えてみると、ぼくは「サラリーマンになりたくない&フリーランスになりたい」のではないことが分かります。ぼくにとっては、フリーランスになることが唯一の手段ではありません。

スーツを着なくていい会社はたくさんありますし、フレキシブルな勤務時間の会社だってめずらしくありません。旅をしながら暮らすのであれば、リモートワークを取り入れている会社でもいいかもしれませんね。

目的をハッキリさせることで、その手段をどうするのかを考えることができます。例えば「就活を成功させる」ことはあくまでも「手段」であって「目的」ではありません。

 

②理想の生き方に欠かすことのできない”必要最低限”を知る

f:id:petityuto:20180511173741j:plain

 

理想の生き方を知ったあとは、その生き方に欠かすことのできないものを考えてみましょう。

  • どんなモノが必要なのか
  • いくらお金があればいいのか
  • どんな働き方をしていけばいいのか
  • どんな人とつながればいいのか

これさえ満たしていれば理想の生活をするのに困らないという枠を作りましょう。

枠ができると、自分にとって必要のないものがハッキリしてきます。

 

例えばぼくの場合は……。

  • 旅をしながら暮らすには、スマホやラップトップのような持ち運べるデバイスが必要→デスクトップPCは必要ない
  • スーツを着ないで生活する→スーツはレンタルで十分
  • 複数の拠点・寝られる部屋→それぞれの地域のシェアハウスやゲストハウスで十分
  • 挑戦を応援してくれる友達と一緒にいたい→ネガティブな考え方の友達は必要ない

「自分の”必要最低限”の枠に入っているのか」という視点で自分の持ち物をひとつずつ確認してみましょう。それって本当に必要ですか?

必要のないものを保管するためにスペースを確保しているのであれば、それはムダ金ですよ。

 

関連記事▼

大学生は「スペースのムダ使いこそ最大のムダ金」を心得るべし 

 

必要最低限の暮らしで身軽に生きる

f:id:petityuto:20180511175242j:plain

 

人の欲求には限りがありません。

一度”幸せ”に慣れてしまえば、もっともっと幸せになりたいと思いますし、新しい商品を買っても、新作が出ればそれが欲しいと思ってしまうものです。

そんな果てしない欲求を満たすことなんて、決してできないんですね。

 

だからこそ、自分にとって必要最低限のモノや人間関係で 「これで満足だ」と思えるようになると、そこに安定した幸せがつくれます。

 

また、モノや人間関係は自分の行動に制限をかけます。

「大量の荷物を考えると移動がめんどくさい」

「あの人になんて言われるか分からないからやりたくない」

理想の生き方に必要のないモノや人間関係は断捨離してしまいましょう。

モノや人間関係にしばられない、自由でのびのびした人生の方が楽しいですもんね。

 

  1. 自分にとっての理想の生き方を知る
  2. その生き方に欠かすことのできない”必要最低限”を知る 

 

この2つさえ決まってしまえば、あとはこの基準に沿って生活していけば「これで満足」な生活になると思います。

満足感をもてる基準を決めないまま「幸せになろう」と頑張っても、一生幸せには慣れません。果てしない欲求を埋めることなんてできないからです。

これから社会に出ていく準備中の学生は、ぜひ考えてみてくださいね。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

A bientôt! :D