GJのキレイゴト

キレイゴトだってかまわない。理想だからこそ追い求めたい。

GJのキレイゴト

【いくら稼げば幸せ?】「お金がないと不安」を解消するためにミニマムライフコストを計算しよう

スポンサードリンク

f:id:petityuto:20180610162639j:plain

 

Bonjour à tous! ;)

こんにちは!GJ(@UnPetitEspritLi)です。

 

「あなたはお金がいくらあったら満足しますか?」

この質問に、果たしてどれくらいの人が即答できるでしょうか。

 

「初任給は◯◯円ほしい」

「月に手取りで◯◯円ほしい」

その金額の根拠はなんでしょうか?「お金がないと不安」だから?

 

大金を目的にした生き方は、あなたを幸せにはしてくれません。

たとえ年収1,000万円を達成したとしても、次は年収1億円を目指すでしょうし、その次は10億円を目指すかもしれない。いくら上を見てもキリがないからです。

 

「自分に必要なお金はいくらなのか」

ぼくはこれを考えることが、自分を幸せにする第1歩だと思っています。

なので「自分の生活を維持するのに必要な、必要最低限のお金はいくらなのか」

ミニマムライフコストを計算して、「お金がないと不安」という漠然とした不安を取り払ってしまいましょう。 

ミニマムライフコストとは

f:id:petityuto:20180610163020j:plain

ミニマムライフコストとは「自分や家族が健康的に生活するために最低限必要なお金」のこと。

自由であり続けるために20代で捨てるべき50のこと』、『モバイルボヘミアン 旅するように働き、生きるには』という本の中で四角大輔さんがこのように述べています。

 

お金から自由になるために、”ミニマムライフコスト”という発想を持とう。

一年間生活する上で、最低限必要なランニングコストはいくらか。

自分ひとり、または家族が健康的な食事をして、快適に眠る場所を確保する。そのためだけにいくらあればいいのか。

 

引用:『自由であり続けるために20代で捨てるべき50のこと

 

自分の生活はいくら稼げば成り立つのか。

完成した収支表(家計簿)は、あなたの「人生のムダ」の映し鏡となる。

それを把握した状態で生きることが、お金への焦りや、お金を失う恐怖からの解放につながる「自由への近道」なのである。

 

引用:『モバイルボヘミアン 旅するように働き、生きるには

 

給料が上がるとついつい生活レベルを上げてしまいますよね。「もっと稼いで贅沢な暮らしがしたい」と思ってしまうのも仕方がないことだと思います。

ですが、そうやって生活に必要なお金がドンドン増えていき、以前よりも稼げているはずなのに、結果として収入の増減にストレスを抱え込んでしまうことも。

「自分の生活に最低限必要な金額」さえ把握しておけば、収入の増減に頭を抱えることもなく、お金を目的に自分を殺したりしなくてすむようになるはずです。 

「なんとなくの貯金」を”挑戦”にまわす

また最低限の生活に必要のない分の収入は、貯蓄にまわすこともできますし、将来の自分に投資することだってできます。

「なんとなく」お金を貯めてしまうのも、このミニマムライフコストを把握していないから。

いくら失ったら怖いのか、いくらあれば不安が解消されるのかさえ知っておけば、お金を理由に自分を殺すことなんてなくなり、いろいろなことに積極的に挑戦できるようになるはずです。

「◯◯円さえあれば生きていける」と分かった瞬間に、ぼくたちは行動力と勇気を取り戻せるのです。 

青森のリバ邸に住む大学生のミニマムライフコスト

f:id:petityuto:20180610163630j:plain

現在ぼくは青森県弘前市にある「リバ邸ひろさき メゾンデートル」というシェアハウスに住んでいます。

参考がてら自分自身のミニマムライフコストを計算してみました。

 

 1ヶ月の固定費

 

  • 家賃(水道光熱費・雑費込み):23,000円
  • Wi-Fi 通信料(個人用のもの):3,500円
  • スマホ通信料:1,700円
  • Apple Music:480円
  • Amazon Student:160円

 

合計:28,840円

 

 1ヶ月の変動費

 

  • 食費:24,000円
  • 書籍代:5,000円
  • 交際費:5,000円
  • カフェ代(作業用):4,000円

合計:38,000円

 

ぼくのミニマムライフコストは合計して66,840円でした。

この金額ならアルバイト生活でもなんとかなります。というかアルバイトで余裕ですね。

「たとえ失敗してもアルバイトすれば生活できる。大丈夫」。そう思えているからこそ、ぼく自身いろいろなことに挑戦できています。

 

見栄を張らずに「これで十分」の生活ができれば、大きなお金をかけずに生活できます。お金をかけないライフスタイルおすすめですよ!

当面は、バイトをせずにコンスタントに7万円以上稼いで、そのお金を使って好きなときに好きな場所に行けるようになるのが目標です。 

お金とは一生の付き合いだからこそ、自分のミニマムライフコストを把握しておこう

f:id:petityuto:20180610162611j:plain

 

大金を持っていれば自分の可能性が広がるのかもしれませんが、「とりあえず大金を稼ぎたい」という気持ちで稼いでいては、いつまでたっても幸せにはなれないどころか不幸になることさえあるでしょう。

 

でも「これだけあれば満足できる」という基準さえ持っていれば、「もっともっと」と欲望にかられお金の奴隷になることもありません

「たくさんのお金がないと不安……」というつかみどころのない不安をなくすために、ミニマムライフコストを計算してみてはいかがでしょうか。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

A bientôt! :D