GJのキレイゴト

キレイゴトだってかまわない。理想だからこそ追い求めたい。

GJのキレイゴト

【やりたいことを見つけるために大切なたった1つのポイント】「やりたいことってなんだろう」と考えているうちは、一生をかけてもやりたいことに出会えない!

スポンサードリンク

f:id:petityuto:20160608212616j:plain

 

Bonjour à tous! ;)

みなさん、こんにちは!

GJ(@UnPetitEspritLi)です。

 

みなさんには「夢」とか「やりたいこと」ってありますか?

社会的に成功した人や偉大なことを成し遂げた人は、よく「成功するためにはやりたいことをやれ」なんていう言葉を残していますが、そもそも「自分のやりたいこと」ってなんでしょう?

それを見つけるのがまず難しいですよね。

 

「自分のやりたいことはなんだろう」とぼんやりと考えている人をよく見かけます。

今回の記事はそんな人たちに読んでほしい。

今のままだと何年かかっても、やりたいことに出会えないぞ!

 

 

やりたいことを見つけるためのたったひとつの方法

f:id:petityuto:20160608212158j:plain

 

「やりたいことをしなさい」とはよく聞くけれど、いざ考え始めると何も分からなくなる。

それどころかやりたいことすら浮かんでこないなんてことも。

では、やりたいことを見つけるためには一体どうすればいいのでしょう。

 

やりたいことを”考えている”うちは、やりたいことに出会えない

やりたいことを見つけるために大事なこと。

それはたったひとつだけ。

自分の五感をフルに使って「感じる」こと。

実際に現地に行って、景色を見て、モノに触れて、音を聞いて、味わう。

そうやって全身で「感じた」ときに、初めて「やりたいこと」を見つけることができるのです。

机の前でいくら空想を広げても、すごい人のお話をいくら聞いても、大人数でいくら話し合いをしても、見つけることはできません。

考えれば考えるほど、答えが出なくなって、どんどん深みにはまっていくだけです。

 

「やりたいことを見つけるたったひとつの方法」

それは自分の全身を使って感じる。体感する。

これに尽きます。そうしていろいろなことを経験する中で「あっこれいいな」と感じるモノに出会えたならば、きっとそれが「やりたいこと」につながるはずです。

 

考えるより先にやってみる

「でもやっぱり考えないと分からないでしょ」って?

そんなことはありません。

みなさんがこどもの頃のことを思い出してみて下さい。 

こどもって、自分がやりたいことってなんだろうって考えてから動いていますか?

これって本当に自分がやりたいことなのかなって悩んでから行動していますか?

違いますよね。

「やりたいと思ったから」。ただそれだけの理由で、いろいろなことをすぐにやっていませんでしたか?

 

そうやって実際にやってみて、初めて「これは楽しい」とか「楽しくない」って判断できるんです。

「やりたいことが分からない」と嘆いている人のほとんどは、まだ何も「やっていない」だけなんです。

自分自身で全身を使って「感じる」ことができていないだけなんです。

ですから、まずはいろいろなことを実際にやってみましょう!

そこがスタートラインです。

 

若いうちにいろいろなことに”挑戦”する 

f:id:petityuto:20160608213034j:plain

 

やりたいことを見つけるために大事なことは、自分の全身を使って「感じる」ことだと言いました。

いくら机の前であれこれと考えていても、やりたいことなんて一生をかけても見つかりません。

いろいろなことを経験して感じる、これが大切です。

そして、そんな「感じる」ために大切になってくること。

それが「挑戦」です。

若いうちに、大人になる前にいろいろなことに挑戦した方がいいです。絶対に。

それが「感じる」ことに直結するからです。

★こちらの記事も合わせて読んでみて下さい⇩

 

縮こまっていては何も経験できないし、感じることができない

いろいろなことを全身で感じるということは、いろいろなことに実際に触れてみなければなりません。

今あなたがいる世界から一歩踏み出して、新しい何かに触れてみなければ、「感じる」ことなどできないのです。

ぜひ、若いうちにいろいろなことに”挑戦”して下さい。

失うものなどまだ無いはずです。

チャンスは”今”しかありません。

そうしていろいろなことを経験して、自分の幅が広がって、初めて「やりたいこと」に出会えるのです。

 

いろいろなことを比較して「好き」になる

人生の中で、自分の人生を変えてしまう、まるで自分の視界がすっきりと晴れていくような、あるいは身体の内側からとめどなくエネルギーが湧いてくるような、そんな衝撃的な事件に出会える人というのはとってもラッキーな人です。

なにせ、たった一度の、一瞬の出来事で「やりたいこと」を見つけられますから。

人生という時間は有限です。

経験できる物事も無限ではありません。

ですから一瞬の出来事で、自分の生き方が決められる人というのはとてもラッキーなんです。

 

たいていの人は、いろいろなことを経験して、それらを比較してやっと何かを「好き」になるはずです。

「これよりはこっち」「あれに比べたらこっちが好き」といった感じで、比較することで好きと言えるなんてことがよくあるはずです。

例えば好みのカレーの味なんてどうでしょう。

「わたしは甘口が好き」というのは辛口の辛さを知っていなければ言えませんよね。

反対に「辛口が好き」というのは甘口の甘さを知っているから言えることです。

 

このように他のモノに触れてみて、初めて何かを「好き」と感じられるようになるんです。

他のモノを知らずして、そのものの魅力にはなかなか気がつけません。

そう考えてみると、自分自身が「あっこれいいな」と感じるためには、比較の材料となるための大量の経験が必要なはずです。

つまり、いろいろなことを経験することで、自分の「やりたいこと」が見えてくるということになります。

時間は有限ですから、ぼくたちは無限になんでも経験できるわけではありません。

さっそく今からいろいろなことに挑戦していきましょう! 

 

最後に

「自分のやりたいことってなんだろう・・・。」と”考えている”、そこの君。

そのままだと一生かかってもやりたいことには出会えないぞ!

やりたいことを見つけるための方法はたったひとつ。

実際にやってみて、全身で感じる。

「やりたいことが分からない」=「経験値が足りない」「なにもやっていない」ということ。

時間は限られています。

さぁ今すぐ始めよう!

 

A bientôt! :D

 

★こんな記事も書いています⇩