GJのキレイゴト

キレイゴトだってかまわない。理想だからこそ追い求めたい。

GJのキレイゴト

防水!厚さ1cm!薄くて丈夫な財布「paperwallet」がやってきた!

スポンサードリンク

f:id:petityuto:20170826034832j:plain

 

Bonjour à tous! ;)

こんにちは!GJ(@UnPetitEspritLi)です。

アクティブなシーンで活躍することまちがいなし!最高の財布に出会えました!

みなさんは、自分の大きくて分厚いパンパンの財布が邪魔だなぁと感じること、ありませんか?

ぼくは、もうしょっちゅう感じています。特に海外旅行やスポーツ、音楽フェスなどのアクティブな場面で特に強く感じます。

しかし、そんな悩みを解決してくれるステキな財布を見つけました!この財布があれば、アクティブな場面でも楽しく快適な時間を過ごすことができそうです。

 

水に強い!薄い!個性的なデザイン!

そんな最強の財布「paperwallet」が手元にやってきたので、さっそく使ってみました。

 

アクティブなシーンでの活躍まちがいなしの薄い財布「paperwallet」

f:id:petityuto:20170826001756j:plain

まず何が良いかって、とにかく薄い

紙のように薄く、軽い「タイベック」という高密度ポリエチレン不織布でできており、手触りはまさに紙のような質感。

何も入れていない状態で約6mm。カード5枚と紙幣20枚を入れた状態で約10mm、たったの1cmでした。

ぼくがいままで使っていた財布の3分の1以下の薄さで、持ち運びがちょー便利になりました!

 

ぼくのiPhone SEとの薄さ比べ。ちなみにiPhone SEの厚さは7.6mmらしい。

スマホに負けず劣らない薄さです。

f:id:petityuto:20170825234155j:plain

 

とにかく薄いので前ポケット、後ろポケット関係なくすっぽりと収まります。

f:id:petityuto:20170826015448j:plain

 

優れた耐久性と環境への配慮を兼ね備えた素材「タイベック」

f:id:petityuto:20170826002959j:plain

paperwalletは薄いだけではなくて、その耐久性もかなりハイスペックです。

「タイベック」という紙のように薄く、軽い素材でできているのですが、なんとこのタイベック、世界中で建築資材や医療用品の素材として使用されているそう。

高い耐久性で、簡単には破れない素材の財布ってわけです。

f:id:petityuto:20170825235928p:plain

アメリカ·デュポン社が開発した高密度ポリエチレン不織布です。紙のように薄く・軽い素材でありながら、高い防水性能・耐久性能を持ち、建築資材や安全防護服などさまざまな分野で使用されています。また、100%リサイクル可能なので、環境にもやさしい素材として信頼されています。

(画像・引用ともにhttps://cf.machi-ya.jp/project/20170417/01より)

 

しかもさらにすごいのが、水にも強いこと。

paperwalletは耐水性にも優れているので、雨の日はもちろんのこと、マリンスポーツやキャンプでも水を気にすることなく使うことができます。

 

なので、試しに濡らしてみました。

びっくりすることに、財布自体は濡らしてもまったく問題ありません。もちろん外側だけでなく、内側を濡らしても問題なしです。

タオルやティッシュでさっと拭き取れば「あれ濡れてたの?」というくらい元どおりに。

アウトドアが大好きで、傘を持ち歩かないぼくにとってはこれは嬉しすぎるポイントです。

f:id:petityuto:20170826000432j:plain

 

ただし、中の紙幣やカードを守るような設計にはなっていません。

普通の二つ折りの財布のような設計なので、財布の隙間から水が侵入した場合、紙幣やカードがびちょびちょになります

これが不満点。せっかく防水なのに、中身が濡れるなら活かしきれないなぁと・・・。

f:id:petityuto:20170826000852j:plain

 

薄いとは言いつつも収納も問題なし

そんなに薄いなら収納がビミョーなんじゃないの?

そんなことはありません。

f:id:petityuto:20170826002605j:plain

 

paperwalletは日本の折り紙から発想を得たデザインになっているらしく、紙幣やカードをすっきりと入れることができます

横向きのポケットも合わせれば、カードポケットは全部で8つ。ぼくはそんなにカードを持っていないので使い切れず・・・。

f:id:petityuto:20170826003357j:plain

 

今回ぼくは、「FLAT WALLET」という二つ折りタイプの財布を購入したのですが、その他にも長財布タイプの「CLUTCH WALLET」やパスポートケースの「PASSPORT HOLDER」、小銭入れの「COIN POUCH」もありました。

f:id:petityuto:20170826003943p:plain

f:id:petityuto:20170826003945p:plain

f:id:petityuto:20170826004003p:plain

f:id:petityuto:20170826004005p:plain

(上4点の画像は全てhttps://cf.machi-ya.jp/project/20170417/01より)

 

アクティブシーンにもってこいの個性的なデザイン

f:id:petityuto:20170826005447j:plain

この財布の大きな特徴。

それはこの柄。パッと見の印象がとにかく強くて、記憶に残りやすいのではないでしょうか。

柄は他にもあって全部で3種類。

そんな個性的なデザインは、マリンスポーツやキャンプだけではなく、野外ライブなどのアウトドア全般において映えることまちがいなし!

f:id:petityuto:20170826005630p:plain

https://cf.machi-ya.jp/project/20170417/01より)

 

しかも前述したように、デザインだけではなく、耐水性・耐久性にも優れているので、もはやアクティブなシーンには欠かせない財布になるでしょう。

f:id:petityuto:20170826005609p:plain

https://cf.machi-ya.jp/project/20170417/01より)

 

時間の経過とともに質感が変化

この財布、紙幣やカードを入れる量に合わせて厚みが変化していくんだそうです。

時間の経過とともに財布の質感が柔らかくなることで、徐々に厚くなるそうな。

f:id:petityuto:20170826013933p:plain

https://cf.machi-ya.jp/project/20170417/01より)

使えば使うほど手になじむのは嬉しいし楽しみだけど、薄い財布を求めている人からするとこれは大きな欠点かもしれません。

ぼくにとってもあまり嬉しい機能ではないかな・・・。

半年くらい使ったらまたレビューしますね。

 

小さいカバンで出かけられるようになった

ぼくは、いままでは革の長財布と小銭入れを持ち歩いていました。

その長財布が大きい&分厚くて、ぼくが持っているショルダーバックに入りきらず、外出時はいつもリュックに入れていたんです。

大した荷物を入れるわけでもなく、財布が大きいからリュックで出かけるなんて日も。

しかし、このFLAT WALLETを手に入れてからは、ようやく小さなショルダーバッグで外出できるようになりました。

大きなリュックや、たくさんのモノを持って歩き回りたくないぼくにとっては手放せない財布になりました!

 

ぼくが愛用しているColumbiaのショルダーバッグ。

小さくて持ち運びがラクな上に、撥水・防汚機能付きで、急な雨や汚れでもへっちゃらです。

ショルダーバックルが長さ調節しやすいタイプだし、シンプルなデザインでどんな服装にも合うし、お気に入りのアイテム(ぼくは水に強いアイテムがよっぽど好きみたい)です。

f:id:petityuto:20170826012643j:plain

 

普段のショルダーバッグの中身はこんな感じです。

paperwallet、小銭入れ、無印良品の除菌シート、無印良品の歯磨きシート、ポケットティッシュ。

1日かけて遠出するときは、これにプラスしてcheero(チーロ)のモバイルバッテリーを持っていきます。

f:id:petityuto:20170826012638j:plain

 

無印良品は、シンプルなパッケージでお気に入りのブランドです。

歯磨きシートは、指に巻きつけてこすることで歯の汚れを落とす便利アイテム。

水を使わずにいつでもどこでも歯磨きができるので、外出先でご飯の後にちょっとした打ち合わせがある時などに使用しています。

そしてポケットティッシュ。中学生の時に、社会の授業中、教室の一番前の席でなんの前触れもなく鼻血が止まらなくなった以来、欠かさず持ち歩くようにしていますw

 

紙幣・カードと小銭入れを分けるメリット

FLAT WALLETを使うってことは小銭は使わないの?

いえ、使います。ですが、先ほどのショルダーバッグの中身からわかるように、小銭は紙幣とは分けて持ち歩いています。

ぼくは大学に入学したくらいから、つまり今から4〜5年前から紙幣と小銭は分けて持ち歩いていました。

 

省スペースの実現

f:id:petityuto:20170826022744j:plain

その大きな理由は分厚い財布がキライだから。

分厚い財布はカバンやポケットに入れにくいし、カバンの中でもかなりのスペースを要します

あとこれは個人的な感想ですが、たくさんのモノが入ってパンパンの財布ってダサくないですか?

 

ぼくはFLAT WALLETと小銭入れを合わせてもこれくらいの大きさで収まっています。

右は普段持ち歩いている”水に流せるポケットティッシュ”です。この時の小銭入れには、500円玉×2枚、100円玉×11枚、その他小銭×5枚くらい入ってます。

f:id:petityuto:20170826024314j:plain

 

たとえカバンがなくても、ポケットにすっぽりと収まる薄さなので、しまうのもラクだし、お尻がぽっこりして座る時に苦労することもありません。

紙幣・カードと小銭は分けて2つの入れ物を使った方が、結果的に大きさも小さくなっているし、収納もラクになっています

 

持ち歩く財布を減らすことでムダな出費が減る

f:id:petityuto:20170826024632j:plain

ぼくは、深夜にコンビニに行くだけとか、ちょっとスーパーに行くだけとか、大した金額を使わないと分かりきっている外出時は、小銭入れしか持ち歩きません

(もちろん、小銭入れにお金がほとんど入っていないときは、紙幣を1枚だけ追加しますけどね。)

それ以上の額を持ち歩くとムダな出費を招いてしまうからです。

「まだこれだけの額が残っているから、これも買っちゃえ!」なんて衝動買いを防ぐためにも、行き先や場面に合わせて、必要最低限のお金をいつでも持ち歩けるようにしています

 

ぼくの財布はpaperwalletのFLAT WALLETで決まり! 

f:id:petityuto:20170826030353j:plain

いや〜、本当にいい財布と出会うことができました。

  1. 薄い
  2. 高い耐水性・耐久性
  3. 充実した収納
  4. 個性的なデザイン

これだけの良さを兼ね備えた財布に出会えたことは本当に奇跡です。

アウトドアアクティビティが大好きなぼくにとっては、今のところこのFLAT WALEETがベストの財布です!早く色々なところに連れ回したいですね!

 

アクティブなシーンに限らず、大きくて重たい財布を持ち歩くのは大変です。

「分厚い財布に嫌気がさしている」

「カバンの中身をスッキリさせたい!」

そんなあなたは、これを機に薄い財布デビューしてみてはいかがでしょうか?

 

今回、この「paperwallet」は購入型クラウドファンディングのリターンとして購入致しました。

現在このプロジェクトは終了しており、今でも商品が手に入るかどうかは不明です。

詳細が気になる方は、以下のURLから起案者へ問い合わせてみてください。

https://cf.machi-ya.jp/project/20170417/01

 

 

A bientôt! :D

合わせて読みたい!

【18歳以下は閲覧注意だぞ!】世界最古のエロティックミュージアムに行ってきた