Good Job

「良いね。イイね。それいいね!」を共有するメディア

Good Job

いい意味で過去を捨てる。過去を積極的に無視する

スポンサードリンク

f:id:petityuto:20180621134541j:plain

Bonjour à tous! ;)

こんにちは!GJ(@UnPetitEspritLi)です。

 

「大学時代の経験を活かして……」

「昔から◯◯をやっていたので……」

っていう人みなさんの周りにもいますよね。

たいていの場合であれば「うわー人生に軸があってカッコいい」って思うのかもしれませんが、「一貫性のある人生」って必ずしも正解ではないですよね。

 

というのも、ラクに生きていくためには「いい意味で過去にとらわれない」ことが大切だと思うんです。

過去を積極的に無視する。これができるだけで、人生の幅がめちゃくちゃ広がるからです。

もちろん「過去に優しさをたくさん受け取ったから、今後は出会う人みんなに優しくありたい」みたいな文脈はステキです。でも、過去にとらわれすぎると、過去に引きずられます。

そこに生きがいややりがいを見つけられているのなら問題ありませんが、何も考えずにただただ過去に引きずられている人が多い……。過去の呪縛にとらわれると、その他の地点に落ちている「おもしろそうなもの」に気がつけません。それがもったいない!

 

ぼくは今でこそフリーランスのグラフィックデザイナー・イラストレーターをしていますが、そこには大したストーリーはありません。

最近はTシャツを作ったりもしています

f:id:petityuto:20180621131720j:plain

 

なぜデザインだったのか?「おもしろそうだったから」です。その時の興味で決めました。過去の経験やスキルは何も活きてません。

でもデザインやイラストを経験し始めて、人生の幅は格段に広がりました。見えてこなかったものが見えてくるし、感じなかったことを感じられる。これも新しい世界に飛び込む余裕があったからこそだと思っています。

 

それに今だって、デザイン以外のことに興味が湧いたとき、ぼくはいつでもそっちに飛び込んでいける心の余裕があります。余裕を残してます。だって新しい世界で何が待っているんだろうってワクワクするじゃないですか。「せっかくデザインを学んだんだから、死ぬまでスキルとして磨きたい」なんて全然思っていません。

合っていなければ戻ってくればいいだけの話です。トライアンドエラーで、”自分”を見つけていくんですよ。

 

「やったことないから無理」。もう、そんなの当たり前。やったことないことをいきなりできたら天才です。

世の中を見渡してみれば、自分が経験したことないものがまだまだあるのに、もうそんな狭い世界の中でしか生きていかないんですか!?って感じですね。

 

▼やったことない図解にも挑戦しています。激ムズ……!

f:id:petityuto:20180615011439j:plain

【随時更新】 好きが分からない状態から好きなことで月100万稼ぐまで。ハゲて笑って泣いた4年間の記録|今、マジになる!!|note

 

You can't connect the dots looking forward; you can only connect them looking backwards. So you have to trust that the dots will somehow connect in your future.

(将来のことを考えて、点と点をつなげることなんてできない。後から振り返って初めてつなげられるだけだ。だから私たちは、将来いつかどこかで点と点がつながると信じるしかないんだ。)

とスティーブ・ジョブズ氏も言っています。

 

過去の呪縛から自分を解放しましょう。未来にポジティブに期待して、今は興味のままに動いたらいいのではないのでしょうか。きっとどこかで、過去の経験が活きる日がくるでしょう。

でも、来なかったら来なかったでもいいんですよ。だって「興味」のままに飛び回れる人生なんて最高じゃないですか!これからもそんな風に生きていきたいものです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

A bientôt! :D