GJのキレイゴト

キレイゴトだってかまわない。理想だからこそ追い求めたい。

GJのキレイゴト

政治に興味を持てないって?そんなあなたには政治系YoutuberのKAZUYAさんをオススメします!

スポンサードリンク

f:id:petityuto:20160503221637p:plain



Bonjour à tous! ;)

みなさんこんにちは!

Youtube大好きぷちゅうとです。

 

ぼくはYoutubeが大好きで、もうかれこれ6年以上はYoutubeを見続けています。

寝る前にYoutubeを見始めて関連動画を見続けていたら朝になっているなんてこともしばしばあります。

 

★こちらの記事も合わせてどうぞ⇩

 

そんなYoutubeで毎日必ずチェックするのが、政治系YoutuberのKAZUYAさんのチャンネルです。

 

「政治ってなんか難しいんだよな・・・」「政治に興味を持てと言われても新聞は読まないし・・・」なんて思っているあなたに、ぼくはKAZUYAさんの動画を強くオススメします!

 

 

政治系Youtuber ”KAZUYA Channel”

f:id:petityuto:20160503220911p:plain

https://www.youtube.com/user/kazuyahkdより)

 

時事問題、政治、歴史など個人的に気になった話題をわかりやすく2分程度で毎日夜9時にお届けする教養動画チャンネルです。

ブログ、ツイッター、フェイスブック、ニコニコ動画など様々な媒体に進出しています。詳しくはブログをご覧下さい。

https://www.youtube.com/user/kazuyahkd/aboutより)

KAZUYAさんは政治問題を取り扱うYoutuberのトップをいくものすごい方で、チャンネル登録者数は現在34万人を超えています。

その人気はYoutubeのみならずニコニコ動画でも大きなものとなっています。

政治といういかにも”とっつき”にくそうなテーマを取り扱いながら、高い人気を誇るKAZUYAさんの魅力が少しでもみなさんに伝われば嬉しいです!

 

動画が短く、そして分かりやすい

KAZUYAさんの動画はひとつあたり約2〜3分にまとめられており、日頃のスキマ時間に簡単に視聴することができます。

ひとつの動画につきひとつの時事問題(テーマ)だけを取り上げているので、内容もスッキリしていてとても分かりやすいです。

時事問題を皮切りに政治に注目していくので興味を持ちやすく、またKAZUYAさん自身、ぼくたちとあまり年齢の変わらないので使われている言葉も非常に理解しやすく、政治にあまり詳しくない方でも簡単に内容を理解することができます。

 

親近感が湧く人柄

テレビや新聞で政治を取り上げる方というのは、分厚い眼鏡をかけたもの難しそうなお年寄りの学者方ばかりで、また使われている言葉も難しかったりして、政治にあまり詳しくない人や若い世代の人が入っていきにくい空気ができてしまっています。 

それに比べてKAZUYAさんは上述した通り、ぼくたちとさほど年齢の変わらない若者ですし、何よりぼくはその人柄が大好きです。

動画内で時折出てくるジョークや若者言葉などはとても親しみやすく、遊戯王をこよなく愛し、カメラにハマり色々な写真を撮っている姿は、ぼくらと何ら変わりない普通の青年です。

親近感が持ちやすいことこの上なし。 

 

 

KAZUYAさんをもっと知りたい方はKAZUYAさんの本を読もう

現在、最も新しい本はこちらの『超日本人の時代』です。

 

ぼくのオススメする本はこちらの三冊です。

 

一冊目は『日本一わかりやすい保守の本』。

この本ではいわゆる”保守系”と呼ばれる人たちがどのようなことを考えているのかが、その名の通り「日本一」分かりやすく書かれています。

「政治に疎い」「学歴が無い」そんなことは関係ありません。

この本を読めば誰でも簡単に理解することができます!

 

二冊目は『日本人が知っておくべき戦争の話』です。

真珠湾攻撃を機に日本も参戦することとなった第二次世界大戦を、KAZUYAさんが独自の目線で語る一冊。

諸外国の意見に振り回されない日本自身の歴史観の重要性を意識させられます。

 

そして三冊目が『バカの国』です。

国家の政治家を育て上げるのは国民自身です。

そしてひいては国家の未来を方向付けるのも、政治家ではなく国民の意識そのものなのです。

そんなことに気付かされる一冊です。

 

ぼくはKAZUYA信者ではないけども・・・

このような記事を書いてはいますが、ぼく自身はKAZUYA信者ではありません。

KAZUYAさんに頼まれてこのような記事を書いているわけでもありません。

 

KAZUYAさんがおっしゃることに納得できなかったり、賛成しかねる部分ももちろんあります。

ただここで言いたいのはそういうことではなくて、そもそもの議論の出発点となる”政治への関心”をもっと若い世代の人たちに持ってもらいたいということです。

その点でKAZUYAさんの動画はとても有効だと思っているのでここで紹介しました。

KAZUYAさんの意見が正しいとか正しくないということでなく、まずは「こんなコンテンツがあるから良かったら見てほしい」、それぐらいの気持ちでこの記事を書いています。

 

「政治」を考えるということは「生活」を考えるということ

f:id:petityuto:20160503221930p:plain

 

政治のことを考えるということは何も「意識の高い」ことではありません。

政治のことを考えるということは自分自身の生活を考えるということなのです。

自分の納めた税金がどのように使われているのか、自分の選挙区の候補がどのようなことを考えているのか、国会でどのような法律が作られているのか。

これは全てぼくたちの生活に直結している重要な問題です。

 

自分の生活をもっとよくしていきたいと考えるのならば、政治から目を背けることはできません。

そのような意味で政治は誰にとっても身近な問題なのです。

 

政治に興味を持たないことで損していることが山ほどある

政治に興味をもたず、参政の意思を表明しないことでぼくたちは損をし続けています。

将来、ぼくたちの世代は今の老後世代と比べると、もらえる年金の額が大幅に減らされることをあなたは知っていますか?しかも払っている額は大して変わらないというのに。

こんな問題、挙げればキリがないほど出てきます。

 

特に今の若い世代は政治に関心を持つ人が少ないので政治に無視され続けており、将来世代(ぼくたち若者やそれよりもさらに若い世代の人)の負担が増えるような政策がどんどん実施されています。

 

「政治に疎くても生活できてるし」というのは現実を分かっていない、目先の利益だけにとらわれた幻想でしかありません。

あなたは今、この瞬間にも損をし続けているのです。

 

「政治へ変化の期待がもてない」などの意識から政治離れがどんどん進んでいます。

しかし日本を変えられるのはぼくたち日本国民です。

ぼくたちが興味をもたなかったら誰がこの国をよくしてくれると言うのでしょうか。

世の中そんなキレイにはまわっていません。

 

そして何度も言いますが、政治を考えるということは自分自身の生活を考えるということなのです。

政治というのはぼくたちの本当に身近な問題なんです。

 

最後に

政治に参加するということは何も難しいことではありません。

自分の生活を、自分の未来を、そして後世に価値ある社会を引き継ぐということを考えると、誰もが政治に興味を持つはずです。

 

まずはKAZUYAさんの動画でその一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか?

KAZUYAさんは全国各地で精力的に講演活動を行っています。

興味のある方は是非足を運んでみてはいかがでしょうか。

ぼくも帰国後、機会があれば行ってみたいと思います。

 

詳しくはKAZUYAさんのチャンネルをチェック!!

 

KAZUYAさんの「KAZUYA Channel」はこちら⇩

 

A bientôt! :D

 

 

 

 

 

★こんな記事も書いています⇩