GJのキレイゴト

キレイゴトだってかまわない。理想だからこそ追い求めたい。

GJのキレイゴト

大学生はシェアハウスに住むだけで世界が広がる

スポンサードリンク

f:id:petityuto:20180114203546j:plain 

Bonjour à tous! ;)

こんにちは!GJ(@UnPetitEspritLi)です。

ぼくはいま「リバ邸」というシェアハウスに住んでいます。

その前は3年半くらい大学の学生寮に住んでいました。

 

そんな共同生活5年目のぼくがみなさんに言えること。

それはズバリ「大学生活はシェアハウスが断然おすすめ」。

 

共同生活が楽しいかどうかって人によります。

「家にいるときくらいは独りでいたい」って人もいると思うんです。

だからこそ無理強いをするつもりもありませんが、共同生活で得られるメリットは決して一人暮らしや実家住まいでは得ることができません

 

大学生がシェアハウスで暮らすべき3つの理由

他人同士がひとつ屋根の下で共に暮らすシェアハウス。

ぼくは「大学生こそシェアハウスがおすすめ」だと考えています。

いままでの経験から自分なりにシェアハウスに住むメリットを考えてみました。

 

シェアハウスで暮らして得られるメリット

f:id:petityuto:20180114201535j:plain

 

①「自分の常識」の範囲外で行動するキッカケに満ちあふれている

ぼくが思う最大のメリットがこれ。

 

一人暮らしや実家暮らしの人は、何をするにも常に「自分の選択」で行動します。

つまり常に「自分の世界の中だけ」で生活しているんです。

会う友人、参加するイベント、遊ぶゲーム、その全てが自分で選んだもの。

 

シェアハウスに住んでいると他人と行動する機会が増えるので、自分が考えてもいなかった行動をする機会も圧倒的に増えます

  • 自分だけだったらこんな料理作らない
  • 自分だけだったらこんな場所行かない
  • 自分だけだったらこんなことしない

 

シェアハウスに住むことが「自分の世界を広げること」に直結します。

もうこれだけで「大学生がシェアハウスに住むべき理由」になるんじゃないのかな。

 

もちろんその中には自分が好きではない選択があるのかもしれません。

本当にイヤなら断ればいいだけだし、経験を優先したいのなら参加すればいいだけですしね。

 

②「他人」の動かし方を知る

シェアハウスは他人との共同生活なので、なんでもかんでも自分の思い通りにはいきません。

他人同士が暮らしているので意見がぶつかることはよくあります。

人を説得するのは簡単なことではありません。

それどころか自分を他人に合わせないといけない場面だってあります。

 

でも「他人と暮らす」経験の中で、他人を知ることができます。

自分とは血がつながっていない”他人”との付き合い方を学ぶことができます。

 

人は「正論」では動きません

掃除をしなくちゃと思っていても身体はベッドの上。

そんな”他人”をどうやったら動かせるのか

自分はどこまで妥協した方がいいのか、あるいはしない方がいいのか。

毎日が学びの連続です。

 

f:id:petityuto:20180114202019j:plain

 

③みんなといると楽しい

最後は共同生活といえばの魅力。

「家に帰れば誰かがいて”おかえり”と言ってくれる」。これもかなりの癒しになりますね。

 

みんなでパーティーをするもよし、ゲーム大会をするもよし、映画鑑賞をするもよし、みんなでいるからこその楽しさがあります。

寮やシェアハウスで暮らしていると、一緒に暮らしている人が「友達以上の存在」になってきます(ぼくは「ふぁみりー」と呼んでいます)。

それくらい居心地がいいってことです。

 

もちろんこのメリットも裏を返せばデメリット。

でも最近では個室つきのシェアハウスも増えているみたいですし、ひとりになりたい時はムリしてリビングなどにはいずに、個室を活用すればいいのではないでしょうか。

 

(まとめ)シェアハウスに住むって最高 

シェアハウスと聞くと、他にもこんなメリットが挙げられるでしょう。 

  • 敷金・礼金が必要ない
  • 家賃が安い
  • 家具や家電を準備する必要がない
  • 初めての一人暮らしに向けての練習になる

 

一人暮らしや実家暮らしって、いつまでたっても「自分の常識」から抜け出せないんですよ。

なぜかというと「選択権が常に自分にある」から。

共同生活だとそこがメリットにもなり、そしてデメリットにもなる。

だからこそ大学生のうちに経験しておくべきだと思うんです。

そこでの経験がその後社会に飛び出たときに活きるはずなので。

 

よく「自分の世界を広げるために旅に出ます」とか言う人いますけど、そんなことしなくても世界って簡単に広がります。

もちろん他人との共同生活だから、いいことだけではなくストレスがたまる場面もあります。

でもそれを考慮してもシェアハウスって楽しいんですよね。

リバ邸ひろさきで暮らしているこの期間はまちがいなくぼくの一生の財産です。

 

f:id:petityuto:20180114201849j:plain

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

A bientôt! :D