GJのキレイゴト

キレイゴトだってかまわない。理想だからこそ追い求めたい。

GJのキレイゴト

これから社会に出ていく大学生こそ「ストレングス・ファインダー」で自分の才能に気がつこう!

スポンサードリンク

f:id:petityuto:20171229192254j:plain

 

Bonjour à tous! ;)

こんにちは!GJ(@UnPetitEspritLi)です。

 

「自分の得意なことってなんだろう」

「自分の才能ってなんだろう」

「自分の強みってなんだろう」

そんなふうに考えたことのある人もきっと多いはず。

ぼくもそのうちの一人です。

新年を迎えるにあたって自分の強みを確認しておきたかったので、話題の診断「ストレングス・ファインダー」を受けてみました。

 

「ストレングス・ファインダー」で自分の強みを調べる

「めちゃくちゃ当たる」と話題の診断「ストレングス・ファインダー」を受けました。

この診断を受けた人は世界中で1500万人を超えた(2017年時点)とのこと・・・。すごいですね。

それだけ自分の才能を知ることに関心が集まっているということなんでしょう。

 

「ストレングス・ファインダー」はおよそ170個の質問に答えることで、34個ある強みの中からあなたの強みを5つ教えてくれます(本とは別に追加の支払いをすると34個すべての強みの順番が分かるみたいです)。

ぼくの結果はこんな感じでした。

f:id:petityuto:20171229173501p:plain

 

個性が強い順に上から表示されているらしく、ぼくは「適応性」がいちばん強いとのこと。

ちなみに「適応性」とは・・・

適応性 Adaptability

あなたにとっては、いまこの瞬間が最も重要です。あなたは将来をすでに決まっているものとは思いません。

将来というのは、いまあなたが行う選択によって変わっていくものだと考えています。

つまり、それぞれの時点で進む方向をひとつずつ選択することによって将来を見出すのです。

これは計画性がないということではありません。おそらく計画は立てているでしょう。

たとえ計画が予定どおりにいかなくなったとしても、〈適応性〉の素質によって、あなたはそのときどきの状況に容易に対応することができるのです。

なかには突然の要請や予期せぬ回り道に憤慨する人もいますが、あなたは違います。あなたはそれらを期待してるのです。

それらは必然のことであり、実のところ、あなたはある程度それを待ち望んでいます。

あなたは生まれつき大変柔軟性のある人です。仕事上、いくつものことに同時に注意を払わなければならない場合でも、あなたは常に生産性を保つことができます。

 

〈適応性〉が高い人たちの声

リンダ・G(プロジェクト・マネジャー)

「知る限り、私が職場でいちばん静かな人間ね。

誰かがやってきて、『計画を間違えた。明日までに変更する必要がある』と言ってきたら、同僚はピリピリしたり唖然としたりしているように見えます。

私はなぜかそのようにはならないんです。

瞬間的に反応しなければいけないプレッシャーが好き。生きている感じにさせてくれる」

 

引用:さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0

ってことみたいです。

とにかくめちゃくちゃ当たりすぎていてビビりました。ストレングス・ファインダーすごすぎる。

 

「得意なことってこんな感じかな」

「ぼくの強みは・・・的な?」

と、いままで自分でなんとなく言葉にしてきた強みですが、これからはパッと的確に答えることができるようになりました。

 

欠点を克服するのは「いばらの道」

ぼくたちは普段から自分の「欠点」ばかりに目を向けがちで、それをいかに克服するかに気をとられすぎています。

そうではなくてもっと「自分の強み」に目を向けるべきなんです。

下の画像は『ストレングス・ファインダー』の作者トム・ラス氏らが行った調査の結果です。

f:id:petityuto:20171229183241p:plain

 

つまり「強み」を意識して、それを発揮する生活の方がより幸せってことなんですね。

 

作家のマーク・トウェインは、死後、天国の門で聖ペテロと出会った男の話を書いている。男は生涯抱いていた疑問を賢人として知られる聖ペテロにぶつけた。

「聖ペテロ、私はずっと軍の歴史に関心がありました。誰が史上最高の将軍ですか」

聖ペテロはすぐに答えた。「簡単だ。あそこにいる男だよ」

「何かの間違いでしょう」。男は当惑した。

「彼とは地上で知り合いでしたが、ただの労働者でしたよ」

「友よ、そのとおりだ」。聖ペテロは答えた。

「彼は史上最高の将軍だった。もし彼が将軍になっていたらね」

 

引用:さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0

自分の生まれもった才能や可能性に気がつけずに、間違った人生に時間を使うのってとっても悲しいことじゃないですか?

だからこそぼくは、この大学生というタイミングで自分の強みを知れてよかったです。

 

診断は『ストレングス・ファインダー』を購入しないと受けられません

f:id:petityuto:20171229190748j:plain

 

なんかイヤな見出しw

でも本当にそうで、『ストレングス・ファインダー』の巻末についている袋とじに書いてある「アクセスコード」がないと診断が受けられません。

しかもこのコードを使えるのは1回までなので、中古本を買っても診断はダメ。失敗しないためにも新品を購入しましょう。

 

また、この診断を受けると「自分の強み」が分かるだけではなく、それに合わせた「具体的な行動アイデア」も受け取ることができます。

強みは「知る」だけではなくて「行動」にうつすことで初めて真価を発揮できるからこその特典です。

 

ちなみに『ストレングス・ファインダー1.0』と『ストレングス・ファインダー2.0』の違いは、1.0と比べて診断がより早く正確なものに改良されているそうです。34の強みは変わりません。

そして診断後にもらえる「強みの洞察レポート」やその他の資料が2.0のみとなっているそうです。

(参考:さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0

 

来年は自分の強みを最大限にフル活用して成長する年にするぞおお!!

みなさんも診断を受けてみてはいかがですか?

 

 

 

A bientôt! :D