GJのキレイゴト

キレイゴトだってかまわない。理想だからこそ追い求めたい。

GJのキレイゴト

これから就活を迎える地方大学生が知っておくべき、首都圏の学生に負けないための秘訣とは!?【1日100円企画】

スポンサードリンク

f:id:petityuto:20161104211317j:plain

Bonjour à tous! ;)

みなさん、こんにちは。GJです(@UnPetitEspritLi)。

実は、ぼくは今年の6月から「1日100円企画」 という企画をスタートさせました。今までに約10件ほどのご依頼を頂いておりまして、本当にありがたい限りです・・・。その企画を始めた当初から「いつかは来るだろうな」と思っていた依頼がついに!

それが「GJさんのブログでわたしを記事にして下さい!」という逆取材の依頼です。ぼく自身がブログを開設していることもあって「いつかは来るんじゃないかなぁ・・・」となんとなく思ってはいましたが、サービスを開始して早4ヶ月・・・。ついにきました!ありがとうございます!

 

「自分のことを逆取材して下さい!」弘前大学人文学部4年のスズキさん

f:id:petityuto:20161104005931j:plain

「いつかは来るはずだ・・・」と安易に考えていた逆取材の依頼。企画を始めてから4ヶ月が経ち、ついにその依頼がきました!今回依頼してくれたのは、弘前大学に通う現役大学生のスズキさんです。

こんにちは!今回は「1日100円企画」を利用して頂いてありがとうございます!

こんにちは!こちらこそ依頼を快諾して頂いて、本当にありがとうございます!

スズキさんの簡単な自己紹介をお願いします。
それと、今回は「自分のことを逆取材してください」という依頼内容でしたが、具体的に取材してほしいことは何ですか?

ぼくは弘前大学4年のスズキです。実は、ぼくは以前このブログで就活について語らせてもらいました(笑)ぼくの就活について気になる方はその記事をぜひぜひ読んでみて下さい。
そして気になる依頼内容ですが、ずばり、ぼくが企画したイベントをGJさんのブログで取り上げて下さい!

▼スズキさんの就活体験記はこちらから→【就活】ビビリだったからこそ、倍率100倍超の難関企業に受かった!?現役大学生に聞いた「あなたの就活とは?」 - GJのキレイゴト

倍率100倍超!超人気企業の内定を獲得したスズキさんが企画した就活イベントとは!?

なるほど。では、そのイベントについて詳しく教えて下さい。

はい、今回ぼくはとある就活イベントを企画しました。このイベントは、東京にある人材会社の方を招いて無料で行われる講座形式のイベントです。学年問わず青森県内の学生が対象で、90分間で行われます。

この時期になると、すでに就活イベントは大学内でいろいろなものが行われていて、正直その違いがよく分かりません。
今回、スズキさんが企画したこのイベントの魅力、他のイベントとは「ここが違う!」とうポイントは何ですか?

はい!魅力は3つあります。
1つ目は、地方大学生向けに特化した講座内容になっていることです。講師の方が地方大学出身で、かつ地方大学生との相談実績がとても多いので、首都圏のイベントとはかなり違った内容になっています。
2つ目は、キャリア相談はもちろん、いまの厳しい就活期を生き残るノウハウを無料で教わることができることです。実際にこの講師の方の相談を受けた学生は、理想の進路を実現させていたり、いわゆる超人気企業の内定を勝ち取っています。
そして3つ目は、このイベントが学生の手によって企画・運営されていることです。より学生に近い目線で考えられた講座内容になっています。

地方大学生向けに特化した講座内容?それって、具体的にどのようなものなんですか?

地方大学生の抱える悩みにアプローチする講座内容になっています。
例えば、一口 に“就活”と言っても、地方と首都圏とでは、就活生が企業側に見られるポイントが大きく違っているんです。それを知ることで、自分の目指す進路に対して最短距離で進んでいくことができるようになります。

f:id:petityuto:20161104005907j:plain

へぇ〜。そうなんですね。全然知りませんでした。確かに、地方大学生は首都圏の大学生とはちがった悩みを抱えがちですもんね。それを相談できるなんて本当にいい機会になると思います!
それから、今回、講師を勤める方の魅力も気になるところなんですが・・・?

たいていの講師の方は相談者に対して親身に接してくれるのですが、この方の本気度はずば抜けています。 就活相談をサービスとして行っている企業は他にもたくさんあって、ぼくもいろいろな方に相談してきたんですが、この方の熱意はその中でダントツで一番でした。
また、講師の方自身も地方大学出身ということで、日本全体で見れば学力もそんなに高い方ではなかったからこそ、当時の就活で、いまの地方大学生が抱えているのと同じような悩みや不安を抱えながらも無事に8社から内定を獲得しています。そんな方だからこそ、ものすごく頼りやすく、また悩みや不安を共有しやすいはずです。
高校時代には競技自転車部を立ち上げ、その資金源として企業のスポンサーを勝ち取ったり、大学時代には、東京に自分で考えた地元の観光プランを売り込んでお金を稼ぎ、テレビ取材を受けることになったり、べトナムを1ヶ月放浪したりと、その人生でいろいろなことを経験してきているとてもおもしろい方です。

えぇ〜!おもしろいですね。もはや講師の方に会いたくなってきました(笑)

▼イベントの詳細については、この記事の最後にまとめています。

「地方の就活生の力になりたい。地方と都市部の情報格差を縮めたい。」

今回、スズキさんはどうしてこのイベントを企画しようと思ったんですか?

ぼくは、自分を大きく成長させてくれた青森県に少しでも恩返しがしたいという気持ちを常に持っています。青森県で大学生活の4年間を過ごしたんですが、その中でいろいろなことを経験して、根暗だった自分を社交的な人間に変えることができました。それがぼくにとってはとてもいい変化だったと感じていて、その恩を返したいとずっと思っていました。
そして、それをどうやって返そうかと考えていたのですが、自分が実際に就活をする中で、地方と都市部との就活における情報格差を痛切に感じたことを思い出しました。それをキッカケに、後輩たちにはそれを感じさせたくないとの思いからぼくの経験を活かして力になれないかと考えるようになり、 さらに、その思いに賛同してくれた方がイベントの講師を引き受けてくれて今回のイベント開催に至りました。

なるほど。自分が経験した情報格差を少しでも縮められないかと考えたんですね。後輩たちもとても喜ぶと思います!
この「情報格差」ですが、地方と都市部ではそんなに大きなものになっているんですか?

はい、とても大きいです
例えば、もう11 月になりましたが、すでに新入社員の選考を始めている企業も少なくありません。他にも、大学1年生の段階ですでに内定を獲得している学生もいたり、そもそも就活関係のイベントの数が、都市部に比べて地方では圧倒的に少ないです。だからこそ就活に関する情報をあまり得られずに就活をスタートすることになり、都市部の就活生との競争に負けてしまうことにつながってしまいます。
ぼくは、地方大学生は地方大学生特有の魅力的かつ評価のされる経験をたくさんしているのにも関わらず、その良さを活かせずに就活競争の中で勝ち残れないのは、就活のスタートが遅いこと、そして情報格差を埋められないことだと考えています。

f:id:petityuto:20161104010412j:plain

地方大学生にも首都圏の大学生に負けない強みがあるんですね。

もちろんありますよ!
就活においては基本的に泊まりメインで移動することになるので、どこに行くにも大荷物で注目を浴びることができます(笑)「今日はどこからきたんですか?」と、よく説明会で聞かれますが、「青森からです」と答えるととても驚かれるので、もうそれだけで相手の記憶に残りやすいのではないかと思います。
それから地方大学には、その存在理念から、地方自治体と共同で行われる授業や事業が多く、それを経験をしている学生が都市部には少ないので、その経験を高く評価されることもあるそうです。実際に、ぼくは高く評価されました。ぼくの友達でも、一回面接で落ちたにも関わらず、その実績を評価されて特別に内定を獲得した人がいます。さすがにそれは驚きました。

そんなこともあるんですね!

社長とバドミントンをして内定をゲット!

スズキさん自身は就活で、何かおもしろかったり、記憶に残るような体験をしましたか?

はい、しました(笑)とある企業の社長さんとバドミントンをする機会があって、それでかなり盛り上がったんです。そうしたらなんと、社長の自宅で行われるという食事会に誘われてしまいました。しかもなんとなんと、その食事会の場で内定を頂くというミラクルまで起きたんです。本当にびっくりしました。

えぇ〜!?そんなことがあったんですか!?バドミントンをして内定を頂くなんて夢にも思いませんね(笑)ということはスズキさんは、その内定先の企業に就職するんですか?

いいえ、実際に就職する企業は別のところになります(笑)社長さん、本当にごめんなさい・・・。

(笑)他にもおもしろい経験をしていれば、それについても聞かせて下さい!

はい、まだあります。ぼくは就活を始めた当初、当時の第1希望の企業に落ちてしまったんです。だけどどうしても諦め切れず、「もう一度チャンスを下さい」と松岡修造ばりの熱い気持ちを人事の方にぶつけたところ、面談をさせて頂く機会を頂くことができました。その連絡をする際に、気持ちが熱過ぎて「明日お電話致します」とメールに書いて送ったのですが、その“明日”というのが祝日であることを忘れていたんです。実際に電話したんですが、当然ながららつながりませんでした。「どうして電話に出てくれないんだろう・・・。」と考えたあとに、ハッと気がついて1人、部屋で恥ずかしくなってしまいました(笑)

(笑)それだけの熱意をもって気持ちをぶつけたということですもんね(笑)ということは結局、スズキさんはその企業に就職するんですか?

いいえ、実際に就職する企業はさらにまた別のところになります(笑)人事さん、本当にごめんなさい・・・。

スズキさん、なかなかのやり手ですね(笑)

よく言われます(笑)

同調圧力に負けず、勇気を持って一歩を踏み出そう!

スズキさんって普段からこのようなイベントを企画しているんですか?っていうか普段は何をしているんですか?

普段はこんなに精力的には動いてはいません。最近ハマっているものは、ずばり“アイドル”です!乃木坂 46 の橋本奈々未さんが引退すると聞いて、急いでファンクラブに入会し、ライブのチケットを確保するために各方面を走り回っています。
この記事がアップされる頃には東京でモー娘。のライブに参加していると思います。あっ、 そう考えるとぼくって普段から精力的ですね(笑) 

f:id:petityuto:20161104010218j:plain

そうですね。かなり精力的だと思います(笑)最後に、地方でこれから就活を迎える学生に向けてメッセージをお願いします!

僕は地方大学出身で、就活に関しては相当早く動き出していました。そのせいもあって、就活関係で苦労することはあまりありませんでした。しかし、周りの友人の中に、自分よりはるかに優秀なのに就活が上手くいっていない人が何人もいました。詳しく話を聞いてみると、その原因が「情報格差」だと分かり、優秀なのに地方大学生というだけで不利益を被るのがとても悔しかったです。
その時から、ぼくは「情報格差」を少しでも縮めたいと感じ始め、そして実際に動き出しました。それが今回のイベント開催につながっています。
就職する人、大学院に進学する人、就職をしない人などいろいろな進路があると思います。就活が全てではないですし、自分がベストの選択をできたら最高だと思います。ですが、地方だとあまりにも情報が入ってきません自分の進路を実現させるために、情報が集まる首都圏などに自分から取りにいかないといけないんです
地方はよく、同調圧力が強く、他人と違うことをすることを嫌う傾向が強いと言われ、その中から首都圏に飛び込む勇気がなかなか持てません。しかし、ぜひその一歩を踏み出して、首都圏の優秀な方々とたくさんお会いしてほしいと思います。それだけで世界が変わります。ぼくは、人が変わる一番の要因は人の影響(出会い)だと思っています。
良い影響を与えてくれる人にたくさん会って、いつかは自分自身が他の人へ良い影響を与えられるようになってほしいです!ぼくもそのために、ずっと努力し続けます!

f:id:petityuto:20161104010110j:plain

熱いメッセージをありがとうございます!今日は本当にありがとうございました!

気になるイベントの詳細はこちら

「青森県学生就活講座」

  • 日 付:2016年11月9日(水) 1回目14:20〜/2回目16:00〜
  • 場 所:弘前大学図書館3階グループラーニングスペース
  • 形 式:講座形式(60分)+交流会(30分)
  • 対 象学年問わず、弘前大学生を中心とした青森県全域の学生
  • 人数:各回15名
  • 内 容
    ①理想の進路を選ぶために今何をすべきか
    ②自分のやりたいことの見つけ方
    ③地方と首都圏における就活の違い
  • 他の講座と違うポイント
    ①講師が地方大学出身であり、地方学生に特化した講座を行います。 
    ②過去に複数の青森県の大学生の相談実績があり、より実情に沿った内容をお届けします。
    ③17卒、18卒の学生を基にし、学生が企画した講座です。
  • 講師紹介
    稲葉健人
    アイハーツ株式会社 人材紹介事業部 
    栃木県出身 地方大学卒業学生時代は観光コンテンツを事業化、NHKから密着取材を受ける。就活では、大手、ベンチャー企業など8 社から内定を獲得。アイハーツに入社し、1年目に人材紹介事業部を立ち上げ、現在2年目を迎える。現在は地方学生を中心に600名以上の学生と面談を実施。超難関企業や有名企業へ多くの学生を送り出す。

参加の申し込みはこちらから!

以下の URLより「青森県学生就活講座」に申込をお願いします。

▼参加申し込みはここから→http://haloonavi.com/

 

最後に

今回の依頼は結果的に「イベントの告知をさせて下さい!」というものでしたが、スズキさんの話はそれだけにとどまらず、自分の就活においてもかなりタメになるものばかりで、終始勉強になるお話ばかりでした。スズキさん、すごいです・・・。

地方にいると首都圏の情報がなかなか入ってこないのは事実で、自分から、能動的に情報を得ようとしないといつまでたっても手元には入ってきません。それだけならまだしも、それが理由で就活で不利になってしまうのはとても残念なことです。それを実際に経験したスズキさんだけに、その言葉の説得力は大きなものがありました。

これから就活を迎える地方大学生は、そのことを忘れずに積極的に行動していった方がよさそうです。

スズキさん、本当にありがとうございました!

 

最後にもう一度、スズキさんが企画した「青森県学生就活講座」の申し込み用URLを記しておきます。倍率100倍を超える超人気企業の内定を獲得したスズキさんが企画したのですから、勉強になることまちがいなしですよ!

参加申し込みはここから→http://haloonavi.com/

 

また、スズキさんは就活相談も行っているそうです。「ぜひスズキさんに就活相談をお願いしたい!」という方は、まずはこのブログの”お問い合わせ”、またはぼくのツイッター(@UnPetitEspritLi)からご連絡下さい!

▼スズキさんの就活体験記はこちら⇩


A bientôt!:D

 

★こんな記事も書いています⇩