GJのキレイゴト

キレイゴトだってかまわない。理想だからこそ追い求めたい。

GJのキレイゴト

【就活】交通費0円で東京の企業に就職を決めた地方学生に聞いた「あなたの就活とは?」

スポンサードリンク

f:id:petityuto:20161003221737j:plain

Bonjour à tous! ;)

みなさん、こんにちは。GJ(@UnPetitEspritLi)です。

 

昨日から始まりました「あなたの就活とは?」シリーズ。早くも第2弾です!これから就活を始める方は、ぜひ読んでみてくださいね!

(昨日の記事はこちら▼【就活】2社しか受けず、5月中旬に内定獲得!現役北大生に聞いた「あなたの就活とは?」

今回もぼくの同期の、現在大学4年生の友達に教えてもらいました。

「あなたの就活とは?」一度も東京に行かずに東京の企業から内定をもらった地方学生に聞きました 

f:id:petityuto:20161003220533j:plain

今回はぼくの小学校の同級生で、現在は札幌の大学に通っている”なべ”に「あなたの就活とは?」を教えてもらいました。大学に在学しながら、学生団体の代表やボランティア、イベントの企画などを精力的にこなす彼女は、一度も東京に行かずに東京の企業から内定をもらったとのこと。一体そこにはどんなカラクリが・・・?そんな”なべ”の就活とは?Check it out!

 

学内ではクズの学生団体代表

札幌の大学4年生、文系のなべと申します。修学旅行以来、道外に出ていません。

大学の友人に「学外の活動は精力的なのに学内ではクズのイメージがあるからめちゃギャップある〜」とつい最近言われました。これが端的に私を表す言葉です。学内のゼミや授業より、学外の活動(学生団体やボランティア、イ ベント企画・運営)に時間を割くような本末転倒学生です。

でもちゃんと単位は1・2年でとってましたよ、一応言っておきたい(笑)

 

「就職なんてしなくてもいいや」と思っていたが・・・

学外で社会人とコミュニケーションをとることが多かったので、「働く」ことについては考えていたけれど「就活」には大学3年の後半になるまで無関心でした。なんなら就職しなくてもいいやと本気で思っていましたが、ノースキルノ ー経験の丸腰新卒が何にも属さずに生きていくことはかなりのハイリスクと冷静に考え直しました。

よって本格的な就活のスタートは3月でした。始まってからも就活の意識が低い学生だったので、履歴書の書き方からWEB試験、面接など全て手探りで進めました。就活なんてさっさと終わらせたいの一心でした。ついでに言うと札幌から出るもんかとも思っていました。(ここ重要)

  

5月には手駒がなくなり、再スタートを切ることに

f:id:petityuto:20161003221330j:plain

全体的な就活の流れは3月に説明会の参加とWEBで企業にエントリーの作業、エントリー締め切りが早い会社はこの頃から履歴書を送っていました。

4月から面接に呼ばれるようになって、5月には履歴書を送っていた会社全てから不合格通知が来ました。これはいわゆる「手駒がなくなった」状態です。6月から新たに企業を探してエントリーしてという4月頃と同じ作業をもう一度行いました。この頃はかなりの企業が内定を出すタイミングで「2017卒はスムーズ に進めれば6月で就活を終える」と言われていたので、内定がもらえなかったショックを抱えながらリスタートを切りました。

今回入社を決めたA社は5月末に単独説明会に参加し、面接は7月に二回行いました。二回目の面接では Skypeを用いて東京の社員の方と面接を行い、その場で内定を出していただきました。

 

志望していたIT業界から内定をもらう

志望業界は広告・IT です。私は二つ内定をいただきましたが、どちらもIT業界でした。

最近は IT 業界とはひとくくりにできないくらいジャンルが枝分かれしています。なのでIT業界が広告の提案をするということもめちゃめちゃあります。私はIT業界の中でもそのような動きをしているところを志望していました。

 

東京に行かずとも東京の企業に就職できる

私はなんとしてでも札幌で決めようと思っていたのですが、志望業界が業界なだけにやはり採用が活発なのは東京です。補足すると新規事業・部門の立ち上げが活発な業界である点から東京での採用が活発であると私は考えています。

札幌で採用を展開していたとしても、それは支社で説明会を開催しているだけで、「本社は東京だから勤務地は東京ね☆」みたいなのもざらにありました。そのパターンに引っかからないように本社所在地や、支社の展開を穴があくほど見ていましたね(笑)これを逆に捉えると、札幌でも広告やITの業界で東京に行かずとも東京に就職を決めることができるということになります。

ポイントを整理すると、

  • 本社が東京、支社が自分の居住エリアにある(その逆も然り)
  • 説明会で新卒の配属地はどこになるか質問する→東京だったらビンゴ!
  • 面接はSkypeなどのインターネット電話か、交通費支給で東京に呼ばれるこ とが大半(もちろん自費の場合もあるので一概には言えない)

個人的見解ですが、東京に絶対に就職したい人は多少の出費はもうすでに覚悟の上だと思います。そしてこんな悠長な方法はオススメしません。特にエリアにこだわってない人にこの方法は向いています。

 

就活の本質は「就いたところで何を成すか」

f:id:petityuto:20161003220746j:plain

様々な人に「あなたはしっかりしているからすぐに決まるよ!」と言われ続け、慢心のままに活動をスタートしました。もちろんボコボコにやられました。「決まらないじゃん!なんだよ!」とも思いましたが、準備不足のまま始めたので当然の結果です。

敗因は就職の本質を見抜かないまま、軸を形成していなかったからです。就職の本質とは「どこに就くか」ではなく、「就いたところで何を成すか」です。私は失敗してからこの本質に気付きました。そして、軸を形成するには「自分が人生という長い時間をかけてなりたい人間像・到達したいステージ」をめちゃめちゃ考え抜くことです。これがいわゆる「自己分析」であり、これが就活の辛い部分ですね。

ただ、これさえしっかり作ることができれば志望理由もアピールポイントも書きやすいはずです。後は軸に沿うような仕事を見つけて応募するだけです。面接の時は、その軸の形成に至った経緯、仕事内容と自分の軸がどのように合致するかを述べればOKです。

もちろん軸を考え抜いた時と同じように、仕事内容を深く理解することに労力をかける必要 があります。私は軸を形成するうちに札幌に縛られる必要がないと感じ、配属が東京である今の内定先に入社を決めました。

 

就活は自分を信じたもん勝ち!

就活って本当に一概に言えないです。気づけばサクッと終わらせてる学生もいれば、私みたいにボロボロになってリスタートを切る学生もいるだろうし、決まらずに今も就活を続けている同期もいます。

就活は早く終わったから優秀とか、複数の内定を持っているからすごいとか全くそんなことがない!!これは声を大にして伝えたいです。自分の人生は自分しか生きられないでしょ?スピードは関係ないはずです。それに1社しか入社できないのに複数内定を持っていてもただ内定辞退という疲れる作業が増えるだけです。

不安に潰されそうになる瞬間もあると思いますが、就活は自分を信じたもん勝ちです。信じられるだけの強いしっかりとした軸を作ってくださいね。

 

そんな”なべ”が、いま取り組んでいることとは!?

f:id:petityuto:20161003220322j:plain

冒頭で、学外の活動ばっかりしていると申しましたが、私は現在スクランブルガレージ(http://scramble-garage.jimdo.com/という札幌のストリートパフォーマーの団体の運営メンバーをしております。ストリートパフォーマンスの練習、 カルチャーの発信、そして市民とパフォーマーの交流の拠点を作り上げることを目指しています。

そんなスクランブルガレージが 11 月 3日(木・祝)にワークショップイベントを行います!ストリートパフォーマンスを体験してみませんか?読者の皆さんのたくさんのご参加お待ちしています!!

▼気になる方はこちらから!

HOME - scramble-garage ページ!

▼ツイッターもやっているみたいです!

スクランブルガレージ (@ScrambledGarage) | Twitter

f:id:petityuto:20161003220343j:plain

 

最後に 

いかがだったでしょうか。

一度も東京に行かずに東京の企業から内定をもらった”なべ”でしたが、順風満帆な就活ではなかったようですね。学生団体の代表やボランティアなどの学外活動を精力的にこなしていても、「自己分析」がしっかりできていないと就活では上手く立ち回れないみたいです。

そんな”なべ”が、いま取り組んでいるスクランブルガレージでの活動も要チェックです!会えば分かりますが、”なべ”の熱量はすごいです。男のぼくでも圧倒されます。そんな彼女だからこそできることがあります。これは期待大ですよ。よければ見てみて下さいな!

 

教えてくれた人:札幌の大学に通う文系4年生の”なべ”

f:id:petityuto:20161003220234j:plain

 

A bientôt! :D

 

★こんな記事も書いています⇩