GJのキレイゴト

キレイゴトだってかまわない。理想だからこそ追い求めたい。

GJのキレイゴト

【就活】ビビりだったからこそ、倍率100倍超の難関企業に受かった!?現役大学生に聞いた「あなたの就活とは?」

スポンサードリンク

f:id:petityuto:20161004144421j:plain

Bonjour à tous! ;)

みなさん、こんにちは。GJ(@UnPetitEspritLi)です。

 

やってきました!「あなたの就活とは?」シリーズ!今回は第3弾のお届けです! これから就活を始める学生は要チェックですよ!

▼第1弾はこちら→【就活】2社しか受けず、5月中旬に内定獲得!現役北大生に聞いた「あなたの就活とは?」

▼第2弾はこちら→【就活】交通費0円で東京の企業に就職を決めた地方学生に聞いた「あなたの就活とは?」

今回は高校・大学と同級生の、文系4年生の友達に教えてもらいました!

「あなたの就活とは?」倍率100倍超!難関IT企業の内定を勝ち取った学生に聞きました

f:id:petityuto:20161004143306j:plain

今回はぼくの高校・大学の同級生で、なんと倍率が100倍を超える難関IT企業に就職を決めたH君に「あなたの就活とは?」を教えてもらいました。

語学スキルもなく、なにか秀でた特技や実績があるわけでもない「ごく普通」の大学生が難関企業の内定を勝ち取ることができたわけとは?そんなH君の就活とは?Check it out!

 

内定を勝ち取った理由は”ビビり”

弘前大学人文学部経済経営課程4年のHSです。

私の就職先は、倍率100倍を超える難関IT企業です。ですが、私はごく普通の大学生です。語学スキルや成し遂げたことで特段秀でたものはりませんし、大きな夢があるとか、イケメンであるとか、ありません。学歴も普通です。それでもなぜこの企業から内定をもらえたか。それは、私がビビりだからです危機感が強く、そこからくる行動力があったためです。そんな私の就活体験記 です。

ちなみに志望していた業界は、コンサルタント、ITです。実際に、内定をもらった業界コンサルタント1社、IT3社、人材1社となっています。

 

就活終了後は内定先でインターン

私の就活の流れは、就活解禁前➡就活解禁後➡内定後の流れになっています。

【就活解禁前3年7月から2月】

この期間は自分を成長させるインプットが中心です。 私の就活のスタートは、3年生の 7月にサマーインターンシップの選考に行ったときです。それから解禁前までは、毎月 1度は東京に行き、インターンシップやセミナーで視野を広げたり、人と会って自分の価値観を広げるようにしていました。

【就活解禁 3 月以降】

ここからはひたすら情報収集のための行動と自己分析でした。東京で3月から6月末まで大学の友人とシェアルームをしながら、就活をしていました。ほぼ毎日説明会やイベントに参加したり、様々な社会人と会ったりと、情報をとにかく集めていました。6月21日に今の内定先から内定をもらい、就活を終了しました。

【就活終了 7 月以降】

内定先で 7 月~9 月まで社員さんと同じ条件でインターンを行っていました。営業部と、一部人事を行いたくさんの大人と学生を見てきました。 全国の学生が集まるシェアハウスで暮らしていたので、人との出会いも多かったです。そして先日、弘前に帰ってきました。

 

就活は楽しんだ方がいい

f:id:petityuto:20161004142937j:plain

予想以上に就活が私は楽しかったです。基本的に辛いといわれる就活ですが、その人しだいです。せっかくやるなら楽しんだ方がお得です!

そのためには、辛いことばかりに注目するのではなくて、楽しくやる方法を考えましょう。例えば、自分の知らない一面を知れたこととか、今後とも付き合っていきたい人に出会えたとか、良いこともたくさんあります。そちらを大切にしたほうがいいです!

 

情報感度が高い学生は1年生の8月で内定を獲得

地方学生の不利さをとても感じました。しかし、それに嘆くだけでは意味がありません。私もそうでしたが、地方の学生は情報が受け身では入ってきません。主体的にとりにいかなければ間違いなく置いて行かれます。情報感度が高い学生は、1年生の8月で内定を取っている学生もいます

就活が全てではないと思いますが、まずは情報を取りにいってみるべきだと思います。そして、知ったのちに本当に自分がやりたいことを選択すべきだと思います。知ってから、選択するまでの時間が地方学生の動き出しのタイミングでは圧倒的に足りないです。なので、早めに動くことが非常に大切だとよく言われているのだ思います。

 

最も大切にすべきなのは「人の縁」

f:id:petityuto:20161004142844j:plain

最も大切なことは、自分がどんな人生を送りたいか、見つけることです。

そのためには、私は「人の縁」を最も大切にしてほしいと思います。「どんな人生を送りたいかなんてわからない...」という人もいると思います。それは、考えるきっかけがなかったからですし、なにがやりたいか、今見つけられる人の方が少ないです。

それを知るために、多くの人に会い、職業観を鍛えて、こんな人みたいになりたい!という憧れを持つことから始めるのがおすすめです。私も行い、自分の将来の選択にすごく影響をもらいましたし、そのおかげで今後悔のない選択ができています。

だから、私は多くの人と会って、「人の縁」をすごく大切にしてほしいと思います。あとは人と会うための勇気を持つことですね。まずは一歩、周りと違うことを恐れず自ら踏み出したら、世界が変わりますよ。

 

H君に大きく影響を与えたもの

最後に、私が取り組んで、特に強く自分に影響を与えたものを参考までに記載します。

【3 年生 9 月インターンシップ in 東京】

1か月間のインターンシップです。同世代のエース級を集める、という触れ込みでしたが、優秀な人を見て自分の世界の狭さに愕然としました(なにもしてこなかったので当然ですが)。ここから、意識が変わり、強く向上心を持つようになりました。こんなに輝いている人たちともっと関わりたい、そのために自分ももっと努力しなければ、という気持ちからでした。

【3 年生 2 月インターンシップ in ベトナム】

2 週間の海外インターンシップです。極限の状況に追い込まれ、自分の人生に責任を持っていなかったことに気付けました。これからの自分が何をすべきか、何を考えていくべきか、課題を見つけられたことが非常に大きかったです。

【就活中のシェアハウス】

全国各地の様々な学生に会えました。みんな地方から出てくるくらい熱い気持ちを持っていた学生ばかりだったので、自分も負けたくない!ととても刺激をもらい、モチベーションを高く維持できる要因でした。

 

そんなH君からお知らせ!

  1. 就活サポート等行っていますので、私でよければ力になります。
  2. 卒業後住む東京で、友人がまだまだ少ないので、飲み友達がほしいです。

※H君に連絡をとりたい方は、まずはこのブログの筆者であるGJまでご連絡ください(このブログの”お問い合わせ”かGJのツイッター(@UnPetitEspritLi)からお願い致します)。

 

最後に

いかがだったでしょうか。

倍率100倍を超える難関IT企業の内定を勝ち取ったH君は、自分のことを「ごく普通の大学生」と表現しています。たとえ「ごく普通の大学生」であったとしても、やり方次第では彼のように難関企業に就職することも可能なんですね!

「人の縁を大切に、勇気をもって、早めに動き出すことが大切」。みなさん、きちんとメモをとりましたか?就活もせっかくやるなら楽しんじゃってくださいね!

 

教えてくれた人:弘前大学人文学部経済経営課程4年HS君

f:id:petityuto:20161004142002j:plain

 

A bientôt! :D

 

★こんな記事も書いています⇩