GJのキレイゴト

キレイゴトだってかまわない。理想だからこそ追い求めたい。

GJのキレイゴト

「大学生のうちは遊んでおけ」ってもはや死語ですよ?

スポンサードリンク

f:id:petityuto:20161005202339j:plain

Bonjour à tous! ;)

みなさん、こんにちは!GJ(@UnPetitEspritLi)です。 

 

”死語”って知っていますか?簡単に言えば「前までは使っていたけど、今ではそんな言葉使わないよね」という言葉です。例えば”アベック”とか”チョベリバ”とか。"KY(空気読めない)"なんかも、最近では死語として扱われているようです。

そんな死語になりつつある言葉として、最近、名高いものが「大学生のうちは遊んでおけ」です。「大学生活は人生の夏休み」なんて言葉も、似たような言葉としてあてはまるでしょうか。

「大学生のうちは遊んでおけ」では、これからの時代を生き抜いていけない

f:id:petityuto:20161005132736j:plain

ぼくも大学に入学した時に、周りの先輩やおじさま達からよく言われました。「大人になったら遊ぶヒマなんてないぞ。今のうちにたくさん遊んでおけ」って。みんなでワイワイ呑んだり、麻雀したり、昼までゆっくり寝たり。たしかに就職したらそんなことできそうもないですもんね。でもそれって、これからの時代を生き抜いていくうえでとっても危険な考え方だと思います。死亡フラグ待ったなしです!

ヤフーが新卒採用を廃止

世間を大きくにぎわせたこのニュース。ヤフーが新たな方策を発表しています。それが「週休3日制の実施」「新卒一括採用の廃止」です。

「新卒一括採用の廃止」に注目すれば、「新卒・既卒にかかわらず、18歳以上、30歳以下の通年応募が可能」になったらしく、「年間300人程度を採用予定」だということです。しかも、「大学・短大・高専・専門学校卒(見込み)」となっていた採用資格も撤廃され、18歳以上であれば誰でも応募可能になったみたいです。

個人的には、「『大学・短大・高専・専門学校卒(見込み)』となっていた採用資格も撤廃され」たという部分に驚きました。”学歴”をもたない人であっても、実力があれば積極的に採用していくという姿勢の現れと言えるのではないでしょうか。今までチャンスを奪われていた人たちにとっての、新しいチャンスの場になるはずです。

何もしてない大学生と経験豊富な社会人が同じステージに

ここから分かるように、今まで「新卒」という肩書きで守られていた大学生は、今後はその肩書きを失い自力で闘っていかなければなりません。”何ももっていない22歳の大学生”と、”自分のステップアップを目指す転職希望の27歳システムエンジニア”が同じ土俵に立ってポジションを争うようになるんですね。

そうなった場合に、”何ももっていない”大学生はどうやってポジションを確保していけばよいのか。闘いに備えた準備が必要ですよね。スキルを獲得するにしろ、自己分析を行うにしろ、その準備時間が必要です。

大学生といえば、社会に出る前の、直前の4年間を捧げる大切な時間です。その時間を遊んで過ごすと言うのなら、いったいいつ準備すると言うのでしょうか。「卒業前に少しやればいいや」という考え方で、本当に間に合うでしょうか。

だれもやりたがらない仕事はどんどん機械化されていく

だれもやりたがらない仕事や、ヒトがやらなくてもいい仕事はどんどん機械化されていきます。というか、もう既にされ始めています。スーパーに置いてあるセルフレジなんかはその顕著な例です。ぼくの家の近くにある”ほっともっと”にもセルフレジが導入されていて、とても驚きました。あれってレジ係がいなくても成り立つことですもんね。そもそも、お客にクレームを言われながら、頭を下げ続けて、ひたすら商品をレジに通す仕事をやり続けたい人っているんですかね・・・。

そのうちトラックの運転手とか、夜行バスの運転手なんかも機械化されると思います。自動運転の技術は日々進化していますし、そもそも退屈でしかも危険な長距離走行車の運転手を好き好んで選んでいる人も多くないでしょう。大型車の免許をもっていることがステータスとして認められなくなる日もそう遠くはないはずです。

機械に仕事を奪われていく

そして、いろいろな仕事がどんどん機械化されていくとどういうことが起こるのか。失業者の増加ですね。別に人を雇わなくても、機械が仕事をしてくれますので、人を雇う場が比例的に減っていくんですね。「掃除でも事務でも何でもいいのでやらせてください」と言うあなたを企業は雇ってくれません。機械であればかかるはずのない人件費がかかります。人件費に見合うだけの仕事ができなければ、仕事をもらうことはできません。

 

”遊ぶ”感覚を忘れないでほしい

f:id:petityuto:20161005201743j:plain

大学生を取り巻く環境が厳しくなってきている(本来あるべき姿に戻っている?)のは事実です。ですが、ぼくはその中でも”遊ぶ”という感覚を大切にしてほしいと思っています。なんだか言っていることが矛盾しているようですが、大学生に限らず、みんながみんな”遊ぶように生きていく”べきだと思っています。なぜかと言えば、それが豊かな人生に直結するからです。

好きなことは「頑張らなくても」成長できる

遊ぶように生きていくために必要なこと、それは自分の好きなことや、やりたいことをやり続けることです。日本には「イヤなことでもガマンしてやり通す」、「お金をもらう以上、汗水を流して必死に働くのは当たりまえ」といった美徳がありますが、その美徳はもはや時代遅れの古びた価値観です。あなたがやりたくない仕事というのは、他のたいていの人もやりたくない仕事です。いずれ機械化されて、その職自体がなくなるでしょう。汗水を流さなくても、実力があれば、結果を出せば評価されるようにもなるでしょう。

イヤなことをガマンしてやり続けるよりも、自分の好きなこと、やりたいことに時間を割くべきです。なぜなら、好きなことややりたいことはやっていて楽しいし、そこには果てしなく大きな成長が期待できるからです。本当に好きなことは「努力している」という感覚がありません。なので、疲れや時間の感覚を忘れてそれに打ち込み、結果として社会で通用するだけのスキルや経験が身につくことになります。

ぼくは中学・高校とバドミントン部に所属していたのですが、中学生のころはなかなか練習がキツくて、週6で練習をこなしていました。練習は大変でしたが、それでもツラいと思ったことはありませんでした。それはなぜか。やっぱりバドミントンが好きだという気持ち、大会で勝ち上がる喜びがキツさよりも圧倒的に勝っていたからです。”好き”とか”楽しい”といった感情が、とっても大きなエネルギーになり、モチベーションになるんです。

”遊ぶ”ように生きていく

この”好きなこと”というのが、本人にとっては”遊び”に近いと思うんです。”遊び”でやっている趣味とかの感覚で仕事ができたらどんなにステキなことか。そう思ったことはありませんか?

でもこれって比較的簡単に実現できると思います。いまの世の中、簡単に自分だけのお店を持てます(▼【BASE】スキルをお金に変えよう。初心者でも簡単!たった30秒、しかも無料で、ネットショップが開設できる!)し、いろいろな方法で、自分の”好き”を仕事にしている人たちがたくさんいます。

さぁ、あなたはいつまでやりたくもないイヤな仕事を続けますか?いつまで満員電車に揺られて消耗し続けますか?周りの目なんて関係ありません。あなたは周りの満足感を満たすために生きているのですか?あなたの人生はあなただけのものです。勇気を出して一歩を踏み出すだけで、世界はまるで違ったものになるはずです。せっかく一度きりの人生を生きているんですから、楽しく生きていきましょう!!

 

 ▼無料で自分だけのオリジナルショップを開設しよう

【BASE】スキルをお金に変えよう。初心者でも簡単!たった30秒、しかも無料で、ネットショップが開設できる! - GJのキレイゴト

 

A bientôt! :D

 

★こんな記事も書いています⇩