GJのキレイゴト

キレイゴトだってかまわない。理想だからこそ追い求めたい。

GJのキレイゴト

「わたしにはできません」ってあなたは、一生そこに突っ立ってればいいんじゃない?

スポンサードリンク

f:id:petityuto:20160909222715j:plain

Bonjour à tous! ;)

みなさん、こんばんは!GJ(@UnPetitEspritLi)です。

 

みんな!みんなには”夢”ってある?

「こんなことやってみたいなぁ」とか「将来はこうなりたいなぁ」ってものがあるかな?ぼくはあるよ!正直に言っちゃえば、ぼくは”将来の夢”ってものを持ってない(いま楽しいと思うことを、楽しいと思うようにやっているだけ)。だけど、そんなぼくでも「こんなことをやってみたいなぁ」とぼんやり考えていることはある。そのレベルになるといっぱいいっぱいある。時間が足りなくて焦るくらいあって困ってる。

 

 そんな近い未来に目を向けて学生仲間と話していると、決まって出てくる文句がこんな感じのやつ。

「すごいね。私にはムリ。」

この言葉を聞いていると、なんてもったいないんだろう!と思わずにはいられない。どうして諦めちゃうんだろうかと。そういう人に限って自分では何も実行していないのはもう明らかだから、ここではあえてそこには触れない。

でもね、そう言う人の心理も考えてみよう。もしかしたら相手のことを立てて「いや〜すごい!私にはムリです!◯◯くんすごい!さすが!」って言ってるのかもしれないよね。でも、学生同士の会話でそこまでの謙遜とか謙譲ってあるのかな・・・。う〜ん少し疑問。となると残るのはこれしかない。

「諦め」「嫉妬」

”自分と相手は違う生き物だから自分にはできなくて当たり前”。”自分の能力のなさを自分のせいにするのはいかにも悔しくて恥ずかしい。だから相手を立てる形で言い訳にする”。そんな心理が働いているに違いない。

f:id:petityuto:20161123230552p:plain

 

でもよく考えてみて。その”すごい”相手だって自分と同じ1人の人間なんだよ。下手したら自分とそんなに年齢の変わらない学生だったりもするわけだよ。同じ人間であるはずのあなたに、それができない理由はなに?努力する前から”ムリ”とか言ってない?

その人だって見えないところで頑張ってきたんだよ。たくさんの人に陰口を言われたり、大量のカロリーを消費してそこまで到達したんだよ。それなのに「あいつはすごい」って一言で片付ける、そんなぶしつけな態度を押し付ける権利はあなたにあるのかな。

f:id:petityuto:20161123225156p:plain

 

だから、この記事を読んだあなたに言いたい。

どうか自分の才能を過小評価しないでほしい。

あなたにできること、できないこと。それはやってみなくちゃ分からない。やってみてできなかったのなら、それは努力をする方向が間違っていただけなのかもしれない。何事もやったもん勝ちなんだよ。やる前から自分の道をひとつずつふさいでいって、自分の未来を壁で囲っていって、そんな人生楽しい?

もちろん、自分にできることや得意なことをのばしていくのは、これからの世界を生き抜いていく上でとっても大切なこと。だけど、「そんなものすら持ってない」と嘆いているあなたにも、実はまだ気がついていないだけで素晴らしいポテンシャルがあるはずなんだ。あなたはまだそれに気がついていないだけ。どうか自分の人生に諦めをもたずに、自分に素直に生きていってほしい。ぼくも頑張る。だから一緒に生きていこう。

”いま”を生きられないあなたには、過去も未来も語る資格なんかないんだ。だから”いま”を確実に生きていこう。「Without haste, but without rest.」

きみは何者にだってなれるんだ。いつだって壁を作るのはあなた自身なんだよ。泣きたい。笑いたい。コワい。つらい。それを全部ひっくるめてのあなたなんだよ。

f:id:petityuto:20161123225124p:plain

 

▼「目の見えないカメラマン」と聞いてあなたは何を考える?”常識はいつだって変化している。

”カメラマンは目が見えないといけない”なんて誰が決めた? 

▼ぼくの言葉が届かなければ、こちらの記事も読んでみてね。

「まだ詳しくないので、勉強してから始めます」が口癖の人は、一生そこで足踏みしてなさい | やぎろぐ

 

と、ここまで言いたい放題言ってきたわけなんですが、ぼくはそんなあなたをバックアップする”居場所”を作ります!言いたいだけ言って終わりではありません!こちらの記事(【アイデアが出てくる環境】「はい、アイデアちょうだい」って言われても出てこねーよ、という話)の最後にも書いてあるのですが、「アイデアをアイデアで終わらせずに形にする」、「学生を心から応援する」、「ローカルとグローバルの交点」、そんなはみ出しもののヘンタイな学生大歓迎のシェアハウスを作ることになりました!

実際には、これから費用を集めたり、大家さんと交渉をしていったりと、超えなければいけない壁は山ほどあるんです・・・。協力者は何人かいますが、それでもまだまだ足りません!たくさんの壁を超えるためにも是非とも学生のみんなには協力してほしいです!(詳しい内容はそのうちまたブログに書きますね!)

この地域に新しい風を吹かせていこう!

 

安心してください。この文章を書いている当の本人もこんな感じの変人です!

f:id:petityuto:20161123230134j:plain

 

A bientôt! :D

 

★こんな記事も書いています⇩